最高の体験ができる豪華列車「ブルートレイン」

2017.12.20 Wed

その昔、アガサクリスティーの小説をたくさん読んでいた私は「オリエント急行」に憧れ、いつの日か豪華列車に乗ってみたいと思っていました。
映画化されて、ロミオとジュリエットで有名なオリビア・ハッセーがスクリーンに出た時には、その想いがさらに強くなりました。

そして、ついに先日アフリカ旅行でその夢が実現したのです。
ヨハネスブルグからケープタウンまでを1日半かけて走る「ブルートレイン」。その列車の中は、美しい木肌で素晴らしい作りになっていました。

ブルートレインのスタッフはおそらくかなりのエリート。英語力もさることながら、その美しい立ち居振る舞いからマナーまで、すべてが素敵でした。

ブルートレインの室内は、2つのベッドが作れるソファーセット、トイレ、バス、シャワーがあります。
乗車してすぐに昼食を楽しみ、夜にはドレスアップしていただく夕食を満喫。
観覧席からは、美しい景色を思い切り楽しめます。
車窓の外には野生のフラミンゴが飛び立つ姿が見え、金の発掘で有名だったキンバリーという町の景色など飽きることのない風景が繰り広げられます。

アフタヌーンティーまで用意されていたのでおなかいっぱいになり、一緒にこの旅に参加している方々に、
「私たち、まるでフォアグラ用のガチョウのようですね」
と言ってしまうほどの贅沢なボリュームでした。

バトラーがそれぞれの客室につく最高のおもてなしと最高のサポートが経験できる豪華列車。
ぜひ一度は経験してもらいたい贅沢な時間でした。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。