ヨーロッパの空港で起きた驚きのハプニング

2017.03.04 Sat

便利になって当たり前の世界に住んでいる私たち。
海外に出張することが多い私は、特に飛行機の進歩を感じます。
そんな便利で快適なはずの空の旅で、ちょっとびっくりすることがありました。

先日はフランクフルトの展示会に行った時のこと。

「せっかくここまで来たんだし」

とデンマークの取引先まで足を伸ばすことにしました。
一泊二日の旅を計画し、コペンハーゲンに行ったのです。

仕事後、従来のコンサバなオープンフェイスサンドイッチではなく、コンテンポラリーな食事を堪能。
夕方フランクフルトに向かうためにコペンハーゲン空港のゲートで待っていた時のことです。

搭乗時間になってたくさんの人が並んでいるのに全くゲートが開きません。
様子を見ていると、どうもコンピューターにトラブルがあるようでした。

45分ほど経った時、あの長い紙をプリントする懐かしい音が聞こえ始めました。

「コンピューターシステムが上手く作動しません。これ以上待てないので、一人一人手作業で、本人確認をして搭乗手続きをします」

というアナウンスが流れ、皆身分証明書を見せて長い時間をかけて搭乗しました。

皆イライラしているなか、私のパスポートを見たスタッフは

「ありがと!さよなら!」

とそつのない対応を見せました。

 

そして席について、

「ああ、やっとこれで出発できる」

と思っていたら、地上スタッフが突然飛行機に乗って来て

「ビジネスクラスに3人、余分に搭乗しています」

と言うではありませんか。

 

「いいですか?!もしもちゃんと申し出ないのであれば、一人一人のチケットを照らし合わせるので、さらに飛行機の出発時間は遅くなりますよ!」

との告知。
それでも誰も何も言わないので、結局一人ずつチケットのチェックが始まりました。

 

20分ほどで一件落着したのですが、隣のドイツ人男性と目があったので

「一体どうしてこんなことが起こるのでしょうね?」

と言ったところ、

「ここはヨーロッパだから『すきあらば』と狙っているしたたかな人がいるんだよね」

との一言。

 

あらゆることが日本では考えられないことばかり。
なんだか、本当に驚いた一日でした。

関連記事

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

  • 忘れられない夏、トトロの世界のような思い出

    今日は久しぶりにいとこが埼玉県深谷市から遊びにきました。 私より4歳年上のいとこは3姉妹の三女で、上の二人の姉とはかなり歳が離れています。 幼稚園生から小学校4…

  • クッキーのような石鹸!展示会で一目ぼれした海外グッズ

    昔は展示会の会場では写真を撮るとカメラを取り上げられましたが、今は誰でも携帯電話で気軽に撮影できます。 私も良いものがあれば、気兼ねなく写真を撮るようにしていま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。