クッキーとミルクでサンタさんをおもてなし!
海外の魅力的なクリスマス

2016.11.12 Sat

私が小学生の頃は、クリスマスの象徴といえば
サンタさんの靴(お菓子がたくさん詰まっているもの)と、
アイスクリームケーキでした。

そして私が中学生ぐらいになると、
どこのお家でもクリスマスの定番は
ケンタッキーフライドチキンになり、
クリスマスイブには
ケンタッキーのバケットを持って
家路を急ぐ人をよく見かけました

 ところが、海外で生活するようになると
クリスマスはホームメイドが基本なのです。
日本のように買ったものを持って帰って
パーティーをすることは少ないのだ、
と知って大変驚きました。

その中でも「とってもロマンティックだな〜」と
思ったのが、クリスマスイブに子供達が
はやる気持ちを抑えながら、一生懸命
サンタさんへの手紙とおやつを準備すること。

dreamstime_xl_12374915

自分たちでクリスマス用に
お母さんやおばあちゃん達と一緒に焼いた
クッキーをお皿にもって、
冷たいミルクをグラスに注いで、
『サンタさんへ』と書いた手紙を添えて、
キッチンのカウンターに置いてから寝るのです。

このクッキーやミルクは、
「サンタさんが世界中の家々を回る中で、
ほんのちょっと息抜きをしてもらいたい」
という配慮からです。

お父さんの仕事は、子供達が寝入った後に
クッキーを一口食べてミルクをちょっと飲み、
「どうも有難う」とメモを残して置くことです。

これが、サンタクロースが実在することを
子供たちに伝えるきっかけになるのです。

我が家の子供たちも、小学校の6年生ごろまで
サンタクロースが実在すると信じていました。

サンタさんの筆跡がお父さんの筆跡に似ている!
とようやく気づく時、サンタさんはメルヘンの世界に
旅立っていくのです。

 

関連記事

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

  • 忘れられない夏、トトロの世界のような思い出

    今日は久しぶりにいとこが埼玉県深谷市から遊びにきました。 私より4歳年上のいとこは3姉妹の三女で、上の二人の姉とはかなり歳が離れています。 幼稚園生から小学校4…

  • クッキーのような石鹸!展示会で一目ぼれした海外グッズ

    昔は展示会の会場では写真を撮るとカメラを取り上げられましたが、今は誰でも携帯電話で気軽に撮影できます。 私も良いものがあれば、気兼ねなく写真を撮るようにしていま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。