クッキーとミルクでサンタさんをおもてなし!
海外の魅力的なクリスマス

2016.11.12 Sat

私が小学生の頃は、クリスマスの象徴といえば
サンタさんの靴(お菓子がたくさん詰まっているもの)と、
アイスクリームケーキでした。

そして私が中学生ぐらいになると、
どこのお家でもクリスマスの定番は
ケンタッキーフライドチキンになり、
クリスマスイブには
ケンタッキーのバケットを持って
家路を急ぐ人をよく見かけました

 ところが、海外で生活するようになると
クリスマスはホームメイドが基本なのです。
日本のように買ったものを持って帰って
パーティーをすることは少ないのだ、
と知って大変驚きました。

その中でも「とってもロマンティックだな〜」と
思ったのが、クリスマスイブに子供達が
はやる気持ちを抑えながら、一生懸命
サンタさんへの手紙とおやつを準備すること。

dreamstime_xl_12374915

自分たちでクリスマス用に
お母さんやおばあちゃん達と一緒に焼いた
クッキーをお皿にもって、
冷たいミルクをグラスに注いで、
『サンタさんへ』と書いた手紙を添えて、
キッチンのカウンターに置いてから寝るのです。

このクッキーやミルクは、
「サンタさんが世界中の家々を回る中で、
ほんのちょっと息抜きをしてもらいたい」
という配慮からです。

お父さんの仕事は、子供達が寝入った後に
クッキーを一口食べてミルクをちょっと飲み、
「どうも有難う」とメモを残して置くことです。

これが、サンタクロースが実在することを
子供たちに伝えるきっかけになるのです。

我が家の子供たちも、小学校の6年生ごろまで
サンタクロースが実在すると信じていました。

サンタさんの筆跡がお父さんの筆跡に似ている!
とようやく気づく時、サンタさんはメルヘンの世界に
旅立っていくのです。

 

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。