仕事復帰後のワーキングマザーに対して、心がけていること

2016.07.23 Sat

出産というのは、人生の中で、一番大きな責任なのではないかと思います。
仕事は嫌になれば辞めるという選択肢がありますし、結婚もうまくいかなければ、離婚という出口があります。
でも母になるということは、一生涯続く『親と子』という関係の始まりで、イライラしたからとか、不出来だからとか、相性が悪いからとか、どのような理由があろうと、切れない関係のスタートだからです。
 
この大きな責任自体が非常に重いものであるところに、自身がそれまで信じて進めてきたキャリアを継続させていくということは、並大抵の努力ではありません。
 
私自身は20代のうちに3人の子供を出産してしまいましたから、体力もありましたし、よく眠れば次の日には元気に目が覚め、そう疲れがたまるということもありませんでした。
しかし、最近の働く女性は、結婚する時期そのもが遅く、結果出産が30代半ばにずれ込むケースが多いようです。今期は女性スタッフ3名が出産から復帰していますが、中には管理職のため、産後4ヶ月目から復帰しているスタッフもいます。
 
私が経営者として心がけてきたこととして、育ててきた女性スタッフには、仕事も続けてもらいたいし、結婚もしてもらいたい、そして子供も生んでもらいたいと思っています。
それぞれのイベントは、共存こそ有り得ても、どちらかを手に入れるためにどちらかを諦めるという選択肢であってはいけないと思っています。
 
出産復帰後間もないワーキングママは、お豆腐をお味噌汁に入れるように、ほんのちょっと優しさを持って扱うとうまく職場復帰ができるのではないか?と思います。
次回に、具体的なお話をまた書きたいと思います。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。