こんなに素敵!海外でのサマータイムの過ごし方

2015.09.01 Tue

私はカナダで通算8年半生活していました。

その中で「なんて素敵なんだろう!」と感動したのが、サマータイムの導入です。

4月〜10月まで夜明けが早い分、時計の針を前倒しにして太陽の光をできるだけ長く楽しむ制度です。

 

家にもどって夕食を済ますと片づけもそこそこに、みな外に飛び出していきます。

サイクリングやジョギング、ゴルフもハーフラウンドならできます。

気持ち良い風に吹かれながら海辺の散歩をしつつサンセットを堪能するのは9時から10時ころ。

 

日本にいると、週末が待ち遠しく感じますが、サマータイムがあると、

なんだか毎日が楽しくて仕方ありません。

 

IMG_2481

(カラッとしたカナダの夏。青空が本当に素敵です。)

日本でもサマータイム導入の話が時々話題にのぼりますが、これこそ政府が音頭を取るべきだと思います。

サマータイムは、私たちの生活の質を明らかにあげてくれます。

そして心にゆとりをもたせてくれます。

IMG_2450

(まだ明るいうちに、親しい人たちと会話を楽しみながら食事とサンセットを楽しみます。)

 

今の時期は、朝5時に目を覚ましても既に明るい日本の夏。

もしも朝5時が、朝7時に設定されていたとしたら、すくなくとも夜は8時半くらいまで明るいはずです。

6時に帰宅したとして、2時間半も太陽の光があったとしたら、あなたは何をしますか?

DSC02267

 

(デンマークでも同じです。夕暮れ時、ゆったりと外の時間を楽しみます。)

関連記事

  • 普通であることがどれほど幸せなことか

    2週間前、いつもお世話になっている大先輩のお誕生日を祝うランチ会を、都内のホテルで開催しました。 コロナウイルスで様々な打ち合わせや会合がキャンセルになり始めて…

  • 人生が変わる「バケットリスト」とは

    バケットリストとは、死ぬまでにやっておきたいことリストのこと。 ハリウッド映画にも「バケットリスト」というものがあり、近年では日本映画でもリメイクがされています…

  • ナポレオンが宿泊したドイツの名所がすばらしかった話

    ジェトロの輸入専門家だった時から何十回もドイツに来ていますが、ほとんど空港、ホテル、展示会場の行き来で終わります。 ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。