熟年離婚の危機!乗り越えるために私達がやったこと

2015.08.31 Mon

夫婦の会話がいかに子供を介したものだったかを思い知らされたのが、

下の息子が大学生になって家を出た時のこと。

夫との噛み合わない会話の数々に、「??!!」の連続。

 

熟年離婚をさけるためにも同じ趣味を持とうと奮起しました。

『お互いにやったことのない事で、やって見たい事』というのが条件で、

リストを作った中から選ばれたのがスキューバダイビング。

 

 

実際にプールで習い始めて海に繰り出した頃は、11月でした。

寒い伊豆の海で、やや閉所恐怖症気味の夫とドライスーツで挑んだダイビング。

DSC06565

(今では夫のカメラに余裕でポーズまで取れるようになりました。)

 

今では150本超えのダイバーになりました。

今年の5月の休暇中には、ナイトロックスのライセンスも取得しました。

 

ダイビングは危険を孕むため、バディー(ペアとなる相手)の存在が重要です。

海に入る直前の最終チェックから、お互いを見守る事が鉄則。

 

スキューバダイビングは泳げない人でもできるスポーツです。

80歳になってもダイビングをするのが今のゴールです。

 

DSC07247

(モルジブで出会ったとても綺麗な海カメさん。このあと20分くらいいっしょにドリフトしてくれました。)

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。