子育て世代にオススメ。
その1・海外でポピュラーなハンドプリントアート。

2016.01.13 Wed

風邪をひいて家でエネルギーを持て余しているスカイくん。
スカイくんは、私の娘、直巳ちゃんの長男で、2歳半になるクオーターの男の子です。
直巳ママが、そんなスカイくんのためにアクリル絵具にキャンバスを準備しました。
 
ハンドプリントアートでスカイくんの創造性を高める。。。。というか、エネルギーを発散させる目的です。
ハンドプリントというくらいなので、手のひらや指に絵具を塗って、それで絵を描くというものです。
 
昨年作った作品は蝶々。
残念だったのは、パステルスタンプ用インクを使ったために、色合いが優しすぎて、
このまま時間が経つと、色あせしそうな予感。
 
unnamed0
(右上の太陽がスカイくんの指を使ったもの)
 
そこで今回は、アクリル絵の具でビビッドに動物モチーフにチャレンジ。
まずはスカイくんの大好きな黄色を手のひらいっぱいに塗って、ポン!
 
unnamed2
(スカイくんの手のひらで作ったキリンさん)
 
unnamed3
(ちょっとふとっちょのトラさんも)
 
スカイくんは絵具を手に塗って、大興奮。
直巳ママいわく、「こういうものがあると、あの時こんなにおててがちいさかったんんだ〜なんて、あとで思い出せるので、オススメ。」
だそうです。
 
普段お仕事で忙しいママ達にとって、親子共同作業による、作品の制作というのは、
子供達にというよりは、ママ達にとってある意味癒し効果と、罪の意識の軽減に役立つので、オススメです。
 

関連記事

  • 会話しているとメモを渡してくる母の話

    私の父はすでに他界しました。 84歳の母は妹夫婦と生活していますが、最近妹から、 「母がわがままばかり言う」 という愚痴を聞かされていました。 不思議なもので「…

  • 親の愚痴にどう向き合うべきか

    私の母は今年で84歳です。 父が亡くなってから9年ほどたちます。 父と母は、子供の頃から知り合い同士の家柄で育ち、父も母も小さな頃からお互いを知り、結婚に至った…

  • マッチョトレーナーのやさしい心遣い

    私が通うパーソナルトレーニングジムの入り口でとっても可愛らしいサインを見つけました。 なんと、ジムの軒下にツバメが巣を作っているのです。 そのツバメに対する優し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。