コロナ禍で開催した、小さな花火大会

2020.10.17 Sat

夏の風物詩といえば花火ですが、今年はコロナのせいでほとんど見られなかったので、あきらさんの家の庭で小さな花火大会をしようということになりました。

花火大会を間近で見ると、小さな子どもは大きな音と振動に大泣きしたり、親の胸に飛び込んできて「怖い!」と叫んだりするものです。
私も小さな頃、おばあちゃんの後ろに隠れるようにして花火を見たのを覚えています。
花火は綺麗でしたが、上がった後の大きな音が怖く、特に体に伝わる振動が怖かったのです。

家の花火でも、子どもたちは火薬の匂いや予想もつかない火花の動きにびくびく。なかなか花火を持とうとしません。
「親のための花火大会だったかな?」
と思いかけた最後の最後、やっと花火を持てたのが3歳のるなちゃんです。

家族で花火を囲む、ヒュッゲなひとときでした。

来年こそは、夏の風物詩がいつも通り行われますように!
そう願っている人は沢山いるのではないでしょうか?

関連記事

  • 年老いた親が痛みを訴え続ける本当の理由

    今年84歳の母は、このところずっと体調不良を訴え続けています。 涙が出ない、唾液が出ないという免疫系の病気を持っているため、確かにつらいだろうと思います。 特に…

  • コロナ禍で開催した、小さな花火大会

    夏の風物詩といえば花火ですが、今年はコロナのせいでほとんど見られなかったので、あきらさんの家の庭で小さな花火大会をしようということになりました。 花火大会を間近…

  • 老人ホームに遺された文から考える「老いたときの気持ち」

    老いはだれにでも訪れるものです。 少子高齢化社会になり、高齢者への接し方も見直すべきタイミングを迎えています。 スウエーデンの老人ホームであるお婆さんが亡くなり…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。