コロナ禍で開催した、小さな花火大会

2020.10.17 Sat

夏の風物詩といえば花火ですが、今年はコロナのせいでほとんど見られなかったので、あきらさんの家の庭で小さな花火大会をしようということになりました。

花火大会を間近で見ると、小さな子どもは大きな音と振動に大泣きしたり、親の胸に飛び込んできて「怖い!」と叫んだりするものです。
私も小さな頃、おばあちゃんの後ろに隠れるようにして花火を見たのを覚えています。
花火は綺麗でしたが、上がった後の大きな音が怖く、特に体に伝わる振動が怖かったのです。

家の花火でも、子どもたちは火薬の匂いや予想もつかない火花の動きにびくびく。なかなか花火を持とうとしません。
「親のための花火大会だったかな?」
と思いかけた最後の最後、やっと花火を持てたのが3歳のるなちゃんです。

家族で花火を囲む、ヒュッゲなひとときでした。

来年こそは、夏の風物詩がいつも通り行われますように!
そう願っている人は沢山いるのではないでしょうか?

関連記事

  • 我が家で作った「空飛ぶホウキ」

    うちの庭には箒木(ホウキギ)が植えてあります。 初冬になるときれいな赤に紅葉する木で、別名をホウキ草とも言います。 夢を与えてくれる何かがあったらいいな〜と思っ…

  • 初めての誕生日会のちょっと恥ずかしい思い出

    小さかった頃の誕生日は、今でも鮮明に覚えています。 私の家庭は両親が共働きで、祖母が私たちの面倒を見ていました。 小学校一年生になり、お友達の家で誕生日会に参加…

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。