テレワークは浸透するか?テレワーク導入の3つの条件

2020.06.24 Wed

全国でテレワークを経験した人は、働く人口の約30%だというニュースを見ました。
ただ、これはコロナウイルスによる緊急事態宣言下での割合です。
北欧スウエーデンでは、日常的にテレワークが浸透していますが、日本でもテレワークを継続できるのでしょうか?

テレワークに向く職種もあれば、向かない職種もあります。
うちの会社のスタッフたちに聞いてみると、営業担当スタッフはテレワーク導入による問題がほぼありませんでした。
遠方から車で通うスタッフは
「通勤時間分、仕事ができてよかった」
と言っています。

いつも相談されることが多いリーダーは
「テレワーク中は相談事がない分、仕事に集中できたし、いつもよりも仕事が進んだ」
と答えてます。
特に残業が多かったスタッフ達は異口同音に
「仕事時間が短縮できた」
と感じています。効率化できているのですね。

今後も2波3波があるかもしれないということを前提に、通常下でもテレワークを採用することにしました。
ただし、以下の条件があります。

・営業スタッフであること。
・社歴5年以上であること。
・週に1回を限度とすること。

この3つがテレワークのルールです。

というのも、テレワーク中にあるスタッフがなかなか電話に出ず、メールにも返信しなかったので、そのスタッフに対する不信感が発生したためです。
ちょうど入社3年目で仕事もできるようになってきて、自己流のやり方が定着してきてしまいました。
会社のやり方にそぐわないことを注意してもなかなか直りません。
大体こういうスタッフは5年たたないうちに辞めていきます。

そこで「社歴5年以上であること」という条件を設けたのです。

今回の試みは、通常下のテレワークの導入テストです。
しばらくの間、様子を見てみます。
これで問題がないようであれば、北欧スウエーデンの企業のように、テレワークを実施しようと思います。

テレワーク導入を検討している企業は、まずスモールスタートして様子を見てはいかがでしょうか。

関連記事

  • スリランカから輸入した初のヒット商品

    昔の写真を見返して見つけたこのテントこそ、アペックスが『らでぃっしゅぼーや』と取引をするきっかけになったアイテムであり、通販生活でもよく売れた初のヒット商品でし…

  • 思い出の椅子「Howdaseat」のストーリー

    建材以外で初めて扱った雑貨が「Howdaseat」という椅子です。 しっかりとコルセットのように巻きついて保護してくれるおもしろいアイテムです。 今でも市場には…

  • アペックス創業期の思い出

    年末にやっと少し時間ができ、アペックス卒業時に箱詰めしておいたファイルや写真の整理ができました。 写真を見ると、懐かしい思い出が蘇ります。 そんな思い出を写真と…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。