女の子ならではのかわいい言動。ヒュッゲな休日の一幕

2020.05.06 Wed

男の子も可愛いけれど、女の子はおませさんで思わず微笑んでしまうシーンが多々あります。
先日、小さいながらもすでに将来の女性像が見え隠れする言動があるのです。

ある雨の日の午後、かわいいちびっこたちがお菓子を食べながら色々な話に花が咲かせていました。

「ねえねえ、ルナちゃんち、もうすぐ弟が生まれるんだよね?」
「うん。ルナちゃん、お姉ちゃんになるの。」
「ルナちゃんミルクあげられる?」
「うん、大丈夫。でも妹だったらもっといいのにな〜。(弟が生まれることがわかっている)そしたらお人形さんで遊べるのに。」
「じゃあ、もう一人赤ちゃん産んでってママにお願いしたら?」
「うん!」

さらに女の子がやってきて3人になると、もっと賑やかに。

カメラを向けると『ハイポーズ!』

「ねえ、待って待って、ピースした方が可愛いよ」
「お菓子反対の手にもてば、ピースできるから」
とお互いのポージングについてアドバイスしあって、キャッキャ笑い声をあげています。
髪の毛を整える様子もかわいらしいです。

「ねえ、ヨーヨー、ちょっと見せて。」(ヨーヨーは私のニックネーム)
と自身の写真を確認。「いい?」と聞くと、
「まあ、いいか」
逆光の写真はあまり気に入らない様子でしたが、私に遠慮して渋々OKしてくれました。

なんとなく10年後、15年後の姿が想像できます。
雨の寒い日の午後の、楽しいヒュッゲなひと時でした。

関連記事

  • コロナ禍で開催した、小さな花火大会

    夏の風物詩といえば花火ですが、今年はコロナのせいでほとんど見られなかったので、あきらさんの家の庭で小さな花火大会をしようということになりました。 花火大会を間近…

  • 老人ホームに遺された文から考える「老いたときの気持ち」

    老いはだれにでも訪れるものです。 少子高齢化社会になり、高齢者への接し方も見直すべきタイミングを迎えています。 スウエーデンの老人ホームであるお婆さんが亡くなり…

  • 我が家にやってきた3匹のワンコたち

    我が家にはこれまで3匹のワンコがやってきました。 最初のワンコはゴールデンレトリバーのカプチーノという女の子で、子供たちがお年玉を出し合って家族にしました。 雷…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。