大人の夕べの過ごし方、カフェバー編。
ユダヤ人の友達に学んだこと

2015.11.30 Mon

起業して3年目頃から数年間、他社の海外部門の代行業務をサイドビジネスとして請け負っていました。
その中で、ソフトウエアーの会社がオランダ企業と業務提携することになり、
頻繁にオランダのユトレクトというところに行っていました。
 unnamed
(アムステルダムの風景)
 
そこで友達になったのが、Jossiさんという天才集団企業のトップでした。
彼はユダヤ人で、私は仕事が終わると、よくいっしょに食事をしたり、
週末には彼の奥さんといっしょにお料理を作ったりしました。
 
記憶の中に一番残っているのが、金曜日の夜のカフェバーでの過ごし方でした。
ユダヤ人は、グラスワインを片手に、とにかく語り合うのが好き。
それも日本人の私にしてみたら、哲学的な話し(?)が多くて、最初はびっくりしました。
 
ある日『愛』について語り合うことになって、戸惑っている私に、
「たとえば、愛を象徴するものを想像して言ってみて」「イメージでいいんだよ」といわれて、
「朝日の中、風に舞うシフォンのカーテンかな〜」というと、
「そうそう、そういうのでいいんだよ。」
 unnamed2
 (2014年にほんとうに久しぶりにオランダに夫妻を訪れた時のワンショット 。NiraさんとJossiさんといっしょに)
 
閉店の時間まで、穏やかなそしてロマンチックな語り合いが続きました。
争いに巻き込まれることが歴史の中で非常に多かった彼らだからこそなのかもしれないと思うとともに、
見た目からは想像もできない豊かな世界がそれぞれの人の中に存在しているのだと感動さえ覚えました。
 
別れる頃には、普段なかなかシェアしない自分の世界をシェアしあえた人と、不思議な親密感を分かち合えるのも素敵です。

関連記事

  • 人間関係が復活するタイミング

    このところとっても不思議な出会いがたくさんあります。 30年前にカナダから帰国したばかりの頃、私が英語を教えていた高校生・相沢くん(通称あーちゃん)が、face…

  • 日本を愛するフィンランド女性とのうれしい再会

    人の縁とは不思議なもので、ふとした拍子に切れたりつながったりするものです。 Riitta 及川さんとの出会いは25年ほど前。 「長野県にRiitta 及川さんと…

  • 数十年ぶりの再会は人生を豊かにする

    人生の中で私たちが出会う人の数は、一体どのくらいでしょうか? どのような職種についているか、どのようなライフスタイルを送っているかで全くその数は異なると思います…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。