悩みに疲れたらどうする?昔の自分が教えてくれるヒュッゲな時間

2019.12.10 Tue

私には4歳年上のいとこがいます。
小学校低学年の頃、夏休みや冬休みにいとこの家に連泊で遊びに行っていました。
埼玉県の深谷市にあったいとこの家で過ごした夏休みの思い出は、本当に楽しいことばかり。
思い出すだけで心がほっこりし、笑顔が浮かびます。

先日いとこと会い、こんな会話をしました。
「ねえ、あの頃、よくお揃いの洋服を着ていたの覚えている?」
「よくお風呂上りには裸で家の中を走り回って、おばちゃん達がバスタオルを持って追いかけてきたよね。」
「お祭りで、べっこう飴やりんご飴食べたの覚えてる?」
「そうそう、あの頃はさ、駄菓子屋さんに毎日行ったよね。」
「『見世物小屋』がきたの覚えてる?ろくろ首の人形見て本当に怖くて泣いたの覚えてる?」

思い出を少しづつ記憶の中から引き出しては共有する喜び。
なんてHyugge(ヒュッゲ)なんだろうと思いました。

この思い出話の前に、いとこの悩みをたっぷり聞いて、私の悩みも聞いてもらっていたので、さらに思い出の楽しさが際立ったのだと思います。

子供の頃は、今のように多くの悩みはありませんでした。
ストレスもほぼありませんでした。
だからこそ目の前の遊びに100%集中できて、心から楽しめたのだと思います。

思い切り走って汗をかいて、大笑いをする。
全身全霊で『今』を楽しんでいた気がします。

大人になると、多くの悩みを抱えるようになります。
子供の頃のようにいきませんが、もう少し心から楽しいことに時間を使いたいものです。
みなさんも、自分が楽しいと思うことに時間を使ってくださいね。疲れた心を癒してくれます。

関連記事

  • 悩みに疲れたらどうする?昔の自分が教えてくれるヒュッゲな時間

    私には4歳年上のいとこがいます。 小学校低学年の頃、夏休みや冬休みにいとこの家に連泊で遊びに行っていました。 埼玉県の深谷市にあったいとこの家で過ごした夏休みの…

  • 会話しているとメモを渡してくる母の話

    私の父はすでに他界しました。 84歳の母は妹夫婦と生活していますが、最近妹から、 「母がわがままばかり言う」 という愚痴を聞かされていました。 不思議なもので「…

  • 親の愚痴にどう向き合うべきか

    私の母は今年で84歳です。 父が亡くなってから9年ほどたちます。 父と母は、子供の頃から知り合い同士の家柄で育ち、父も母も小さな頃からお互いを知り、結婚に至った…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。