デンマークのいつもと違う夏

2019.08.21 Wed

「今までデンマークには累計で何回来たのだろう?」
ふとデンマークのアマリエンボー城の横を通りながら思いました。

いつもは寒い時期の1月とか2月頃デンマークを訪れることが多いです。
5月にデンマークを訪れたことが2~3回、7月に訪れたことは1回ほど。
夏のデンマークに出会うのは2回目です。

通常、デンマークの夏はさほど暑くもなく、雨が長く続きます。
気分が滅入るようなことも多々あるそう。

ところが今回、空は真っ青で気温は32度を超え、とにかく直射日光が強かったです。
ただ日本とは違って乾燥しているので、日陰に入るとしのぎやすいのが特徴です。
おなじみの町並みを歩いていても、あまりの暑さに、すぐに傘の下に入って休みたくなります。

異常気象の影響だと人々は口々に言っていますが、北欧の人たちは日光に当たりたくて、真っ赤に肌が焼けても太陽の下にいようとします。
矛盾しているように感じますがそれだけ特別なのでしょう。

室内があまり暑くならないということは、逆をいうと、冷房装置があまり整備されていないということ。
風のある屋外のほうがまだしのぎやすいというのも皮肉です。

私はと言うと、久しぶりのマッスル(ムール貝)を食べて食欲を刺激しました。
海外に行って気候の違いを考えるのもまた一興です。

関連記事

  • ホームパーティーのうれしい効能

    たまに会社のスタッフと一緒に自宅でパーティーをすることがあります。 先日は女子会をしました。 なかなか仕事のこと以外では話さない人も多いので、こういう機会を大切…

  • 大人になってからもらったうれしいお年玉

    お年玉の習慣は日本独特のものだと思います。 子供の頃、お正月は本当に嬉しい日でした。 ご挨拶にくる親戚のおじさんやおばさん、それにおじいちゃんやおばあちゃんから…

  • 北欧のエッセンスが詰まった「毎日つけたくなる」家計簿

    現在発売されている雑誌『ESSE』2020年新年特大号の家計簿は、なんと北欧風! デザインは、スウエーデンの人気のアーティスト、リサ・ラーソンさん。 私も「北欧…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。