心やすらぐヒュッゲなひとときに耳を澄ませて

2019.08.14 Wed

人間には臭覚、聴覚、視覚などから引き起こされる様々な記憶とそれにまつわる思い出、感情があると思います。

カナダに住んでいた時、夏の夕方になると芝刈り機をかけている音が聞こえてきました。
そのあと散歩に出ると、芝を刈った後のなんとも言えない緑緑した香りが鼻をつき、ものすごくリラックスさせてくれたことを思い出します。
今でも夏のちょっと涼しい夕方になると、あの芝を刈った後のなんとも言えない香りが懐かしくなります。

赤ちゃんや小さな子供たちが楽しそうに追いかけっこする声は、小さくて力強いエネルギーを発散する音。
これもまた私自身の心を潤わせ、気持ちを豊かにしてくれます。
思わず笑みがこぼれます。

夕焼け空は毎回その様が異なります。
それぞれの色、形、深み、雲、星の配置で、モルジブでみた空を思い、アフリカの大地を思います。

感覚と記憶、そしてそれにまつわる感情、こればかりは人によって違います。
1日のうち、一瞬でもいいので、そういった瞬間があったら足を止め、手を止めて、記憶を遡ってみてはどうでしょうか?

ヒュッゲな瞬間がそこにあります。

関連記事

  • 人生が変わる「バケットリスト」とは

    バケットリストとは、死ぬまでにやっておきたいことリストのこと。 ハリウッド映画にも「バケットリスト」というものがあり、近年では日本映画でもリメイクがされています…

  • ナポレオンが宿泊したドイツの名所がすばらしかった話

    ジェトロの輸入専門家だった時から何十回もドイツに来ていますが、ほとんど空港、ホテル、展示会場の行き来で終わります。 ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフ…

  • 私が尊敬して止まない人

    私が尊敬して止まない人、それは清水ナオミさん。 彼女の名前をとって、長女には直巳という名前をつけたくらいです。 カナダのブリティッシュコロンビア州、ヴァンクーヴ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。