わんぱくな黒のラブラドール”エイスくん”の奇跡の一枚

2019.07.31 Wed

「Wan」(偶数月14日発売の4万8,000部の愛犬雑誌)という雑誌の夏号にうちの会社の商品が紹介されることになり、うちの会社にはたくさんの愛犬家がいるため
「犬の写真を載せたい」
と言われました。

そこでスタッフとそのワンコの写真を雑誌用に撮影していたのですが、担当のスタッフに
「ビューエルさん、ビューエルさんのところのワンコとの写真も載せたいです。特に新しい子が来たそうですし、可愛いと思います」
と言われ、私は
「???!!!」
とびっくり。

うちの新しいワンコって…エイスくんのことです。。。
とってもわんぱくで、度々私の心を折る黒のラブラドール。

私がちょっと目を離した隙に、庭にあった散水用のホースを食いちぎり、モップをバラバラにし、買ったばかりのガーデンファニチャーを泥だらけにし、新しい散水システムを引っこ抜き、ケージの中に入れている4つ目のトイレもバラバラにする驚異のワンコです。

あまりに懇願されるので、しぶしぶ納得。

ところが撮影に来たスタッフはエイスの大きさと彼のとてつもないエネルギーを目の当たりにし、
「え??こんなに大きいんですか?もっと子犬だから小さいって勝手に思ってました」
と目を丸くしていました。

老犬パブロはいくらでもいうことを聞きますが、腕白エイスはどこ吹く風。
やっと撮れた奇跡の一枚がこれです。

エイスくん、いつの日か私のラブリーパートナーとして写真に収まってくれることを祈っています。

関連記事

  • 会話しているとメモを渡してくる母の話

    私の父はすでに他界しました。 84歳の母は妹夫婦と生活していますが、最近妹から、 「母がわがままばかり言う」 という愚痴を聞かされていました。 不思議なもので「…

  • 親の愚痴にどう向き合うべきか

    私の母は今年で84歳です。 父が亡くなってから9年ほどたちます。 父と母は、子供の頃から知り合い同士の家柄で育ち、父も母も小さな頃からお互いを知り、結婚に至った…

  • マッチョトレーナーのやさしい心遣い

    私が通うパーソナルトレーニングジムの入り口でとっても可愛らしいサインを見つけました。 なんと、ジムの軒下にツバメが巣を作っているのです。 そのツバメに対する優し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。