今の時代に手書きで手紙を送る幸せ

2019.06.05 Wed

近年はインターネットによるコミュニケーション手段が発達し、用事があればメールで済ませ、年賀状もSNSで手軽に送れるようになりました。
昨年、カナダに行ったとき、義理の兄がこんなことを言っていたのを思い出します。
「最近は郵便を送る人が少なくなってきて、メイルマン(郵便物を届ける人)のカットバックが進んでいる。近い将来、郵便物はなくなると思うよ。」
私が「そうなったら、ものを送りたいときはどうするのかしら?」と言うと、「UPSやDHLがあるからね」と。

ただ、生活がとても便利になった反面、風情が失われてしまった気がするのは私だけでしょうか?

しかも、メールでのやりとりが増えたことで、漢字が書けなくなることも多くなりました。
文字を書く機会が減り、“読めるけれど書けない”という経験は、みなさんにもあることと思います。

そこで私は、折に触れて手紙を書くようにしています。

スタッフの誕生日カードは、必ず自分の手で書いて郵便で送ります。
相手のことを思い浮かべながらメッセージをしたためるのは、とても楽しくて満たされた時間です。
また、年賀状もできるだけプリントせず、自分で書くようにしています。
一昨年は、一枚一枚に筆でご挨拶と笑い絵文字を書きました。

そんな筆まめな私が見つけたのが、この素敵な便箋です。

「100枚レターブック」というもので、インテリアショップ・アルトで見つけました。
4種類ほどの中から私が選んだのは、「Liberty Print 100 Writing and Crafting Papers」。
さっそくこの美しい便箋で、お友達にお手紙をしたためたところです。

みなさんも、たまにはお気に入りの便箋とペンで、大切な人に心のこもったメッセージを送ってみませんか?

関連記事

  • 絶景広がるサハラ砂漠。夢のモロッコ旅行

    私にとって『モロッコ』『カサブランカ』『サハラ砂漠』という地名は、とってもとっても魅力的なものでした。 映画でよく取り上げられるからかもしれません。 スペインの…

  • 人間関係を豊かにする「お招き」

    カナダで過ごしていた8年半の間に、私の性格は大きく変わりました。 ちょっと怖がりで心配症だった性格が外向的で好奇心旺盛な性格になり、ホームパーティーの習慣を身に…

  • デンマークのいつもと違う夏

    「今までデンマークには累計で何回来たのだろう?」 ふとデンマークのアマリエンボー城の横を通りながら思いました。 いつもは寒い時期の1月とか2月頃デンマークを訪れ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。