我が家のかわいい弟分・エイスくん

2019.05.15 Wed
家族 犬

愛犬・パブロは非常に良い血統なので、パブロのブリーダーさんから
「ぜひパブロの種を残させてもらいたい」
と言われ、6年ほど前に差し上げました。

オス犬が種を提供すると、子供の中から好きな子を一匹もらえることになっています。
ただ、私たち夫婦は当時あまりに仕事が忙しく、二匹の犬をお世話する余裕がありませんでした。

ところが、数年前にブリーダーさんから
「芳子さん、もしかしたらブリーダーをあまり長く続けられないかもしれないから、一匹女の子をもらってくれないかな?」
と連絡がありました。
当時、ブリーダーさんは体調を崩していて、ご自身の体力を懸念されたのだと思います。

昨年パブロが10歳を迎える頃、だんだんとパブロの歩き方、体の様子が変わってきました。
「そんなに長くは一緒にいられないかもしれない」
という不安にかられた私は、ブリーダーさんに連絡しました。

「そろそろ一匹わんこを分けていただきたいです」
「9月にたくさんわんこが生まれるから、その時においで」

やっとパピーを迎えに行けたのは、12月の半ばでした。
9月下旬に生まれた真っ黒のわんこは、もう8キロ近い大きさ。

そこで引き取ってきたのがエイスです。
パブロの弟分として我が家にやってきた、やんちゃで元気な男の子。

パブロはおっとりとした性格ですが、エイスくんはものすごいやんちゃもの。
食べ物はすぐになくなってしまい、パブロがゆっくりと食べていようものなら、横からパッと盗み去ります。

同じわんこでも全く違った性格の二匹ですが、なんとかうまく生活しています。

関連記事

  • 我が家のかわいい弟分・エイスくん

    愛犬・パブロは非常に良い血統なので、パブロのブリーダーさんから 「ぜひパブロの種を残させてもらいたい」 と言われ、6年ほど前に差し上げました。 オス犬が種を提供…

  • 警察犬の協議会で優勝する「天才パブロくん」

    私のコンパニオンドッグの名前はパブロ。ラブラドールレトリバーの10歳の男の子です。 男の子はさぞかしアクティブだろうと思い、最初は女の子のコンパニオンドッグを探…

  • 子どもを産まないのは損?日本と全く違う北欧の常識

    著書「fika(フィーカ)世界一幸せな北欧の休み方・働き方」を発売するにあたり、スウエーデン商工会議所のマーティンさんとお話しする機会がありました。 今まで北欧…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。