警察犬の協議会で優勝する「天才パブロくん」

2019.05.11 Sat

私のコンパニオンドッグの名前はパブロ。ラブラドールレトリバーの10歳の男の子です。

男の子はさぞかしアクティブだろうと思い、最初は女の子のコンパニオンドッグを探していました。
ところが、ブリーダーさんのところへ行ったら「男の子しかいない」とのこと。
「それだったら一番おとなしそうな子にしよう」と思って見渡すと、ゆったりとよく寝る子がいました。
その子がパブロです。


(家に来たばかりのパブロ)

本当の血統証の名前はホワイトバルーン・ジュピターです。
パブロが1歳になるまでは自由気ままに遊ばせました。
パピーウオーカーの番組で、盲導犬になるまでの1年間は愛情豊かに育てる様子を見たからです。

ところが、1歳のパブロはとにかく大きく、力も強い!興味のあるものには突進します。
散歩に連れて行くことすら至難の技になり「自分が怪我をする前に預けよう」と託したのが警察犬学校です。
トレーナーの人に聞いて初めて知ったのですが、パピーウオーカーさんたちはある程度犬のトレーニングができる人たちだそう。
自由気ままに犬を1歳まで成長させると言っても、実際はちゃんと躾をしているのです。

結局パブロは警察犬を訓練するトレーナーさんに出会い、隠し持っている才能を見い出されました。
最初は「天才パブロくん」とトレーナーさんたちが呼んでいるのが不思議でしかたなかった私ですが、多くの警察犬の協議会で優勝するまでに成長しました。

コンパニオンドッグにふさわしい優しさを持っているパブロは、私にとって何ものにも変えがたい存在です。
パブロは人間の言うことがよくわかりますから、リードをつけるのは散歩の時だけで、一度も家の敷地内で縛ったことはありません。

すでに10歳を迎えて、少しおじいちゃんらしくなったパブロですが、まだまだ現役で協議会に出場しています。
元気に長生きしてもらいたいですね。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。