警察犬の協議会で優勝する「天才パブロくん」

2019.05.11 Sat

私のコンパニオンドッグの名前はパブロ。ラブラドールレトリバーの10歳の男の子です。

男の子はさぞかしアクティブだろうと思い、最初は女の子のコンパニオンドッグを探していました。
ところが、ブリーダーさんのところへ行ったら「男の子しかいない」とのこと。
「それだったら一番おとなしそうな子にしよう」と思って見渡すと、ゆったりとよく寝る子がいました。
その子がパブロです。


(家に来たばかりのパブロ)

本当の血統証の名前はホワイトバルーン・ジュピターです。
パブロが1歳になるまでは自由気ままに遊ばせました。
パピーウオーカーの番組で、盲導犬になるまでの1年間は愛情豊かに育てる様子を見たからです。

ところが、1歳のパブロはとにかく大きく、力も強い!興味のあるものには突進します。
散歩に連れて行くことすら至難の技になり「自分が怪我をする前に預けよう」と託したのが警察犬学校です。
トレーナーの人に聞いて初めて知ったのですが、パピーウオーカーさんたちはある程度犬のトレーニングができる人たちだそう。
自由気ままに犬を1歳まで成長させると言っても、実際はちゃんと躾をしているのです。

結局パブロは警察犬を訓練するトレーナーさんに出会い、隠し持っている才能を見い出されました。
最初は「天才パブロくん」とトレーナーさんたちが呼んでいるのが不思議でしかたなかった私ですが、多くの警察犬の協議会で優勝するまでに成長しました。

コンパニオンドッグにふさわしい優しさを持っているパブロは、私にとって何ものにも変えがたい存在です。
パブロは人間の言うことがよくわかりますから、リードをつけるのは散歩の時だけで、一度も家の敷地内で縛ったことはありません。

すでに10歳を迎えて、少しおじいちゃんらしくなったパブロですが、まだまだ現役で協議会に出場しています。
元気に長生きしてもらいたいですね。

関連記事

  • 12年暮らしてきたパブロくんとのお別れ

    12年と4ヶ月一緒に暮らしてきたパブロ君(ラブラドールレトリバーのオス)が、25日のお昼に亡くなりました。 パブロ君の体調に異変があったのは、昨年の暮ぐらいから…

  • 不安な気持ちを和らげるヒュッゲな時間の過ごし方

    コロナウイルスの影響でなかなか外に行く機会もなく、家で憂鬱なニュースばかりを聞いている母を連れ出そうと、久しぶりに母と娘と私の3人でドライブに行きました。 ゆっ…

  • 私のワンコ物語

    以前飼っていたワンコは、ゴールデンリトリバーのカプチーノという女の子でした。 3人の子供たちのお年玉で購入したワンコで、長女が中学校へ通う通学路にあった、ブリー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。