ドラマあふれる横浜の博物館船「氷川丸」

2019.02.28 Thu
友人 横浜 海外 船

私が尊敬してやまないのが、カナダで出会った日本人女性の清水ナオミさん。
今年で86歳になる彼女は私のカナダの母であり、今日ここまで、ずっとすっと心の友でもあります。
カナダではカフェを長いこと経営していて、私が学生の時はよく彼女のカフェで美味しいものを食べさせてもらったものです。

60年前は飛行機ではなく船でカナダのバンクーバーまで渡ったそうです。
ナオミさんは11月の雪の降る日にバンクーバーにつき、旦那さんがなかなか迎えに来ずとても不安だったということも聞きました。

ナオミさんがこの前日本に来たとき、60年前にカナダに渡った時に乗った船「氷川丸」を見に、横浜へ行きました。
「氷川丸なんて、とっても寒そうな名前だな〜」と思いました。

この船で太平洋を渡り、言葉もわからない状態で一人旅したという彼女の様子が脳裏に浮かびました。
戦後間もない頃だったので、風呂敷にお母さんが縫ってくれた着物を2着だけ入れ、バンクーバーに渡った彼女の心の内を考えると、涙が出そうになりました。

今は重要文化財として、横浜の名物になっている氷川丸。
きっと他にもたくさんの人々の人生のドラマが刻まれているのだと思います。

関連記事

  • 北海道一位の絶景に感動

    海外を歩き回っている私ですが、日本国内を回り始めたのはつい数年前のことです。 北海道もその一つで、仕事の関係で何度か函館を訪問したことはありますが、それ以外だと…

  • ドイツで別世界を体験できるホテル「GUT KUMP」

    1月から4月までの間に3回もドイツへ出張しました。 いつもは展示会場とホテルを往復してばかりですが、今回はドイツ国内をかなりの距離移動してメーカー訪問する旅でし…

  • ヨーロッパ流の球根の植え方って?春に向けた花の楽しみ方

    展示会巡りが一旦落ち着いてきて、家でのほのぼのとした時間も過ごせるようになってきた2月。 ふと、ヨーロッパでよく見る球根の寄せ植えをしてみたくなりました。 そこ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。