私に幸せを届けてくれる海外の友人

2019.01.19 Sat
人間関係 友人 海外

仕事柄、海外の人々にたくさん出会いますが、長いこと一緒に仕事をする人もいれば、あっという間に忘れ去ってしまう人もいます。
何かしらうまくいかずに疎遠になってしまう人もいれば、親友としてお付き合いするようになる人もいます。

特にとても大切な存在なのが、リンダ・ヘンリさん。
アメリカのオハイオ州在住のテディーベアー・ドールアーティストで、ディズニーやマリー・オズモンドと仕事をしたことでも有名です。

20年ほど前、日本がテディーベアーブームに沸いていた頃、彼女に来日してもらってテレビ番組の企画やテディーベアーミュージアムの企画立案で一緒に仕事をしました。
リンダさんは当時まだ15歳だったった一人娘と一緒に来日して、私の家に3週間滞在し、とても楽しい時間を過ごしました。
ビジネスにおいても素晴らしい成果を残しました。

その後2度ほど仕事で渡米した時に彼女のもとへ訪れましたが、それ以外はメールやfacebook等でお互いの様子を知ります。
どんなに長く連絡しなかったとしても、何かの拍子に連絡しあうとまるで昨日までおしゃべりしていたみたいに親密で楽しい会話ができるから不思議です。

そんな彼女に「会って、ゆっくり話をしたい」と言ったところ、一緒に旅をしようということになり、思い切って休みをとってアメリカに飛んできました。
14時間の時差があるものの、とにかくお互いに聞きたかったこと、もっと詳しく知りたかったこと、伝えたかったこと、昔の出来事、思い出話に花を咲かせ、つくづく素敵な友だと実感しました。
こういう友達を持てることはこの上ない幸せです。
みなさんも国籍に関係なく、あるいは物理的距離に関係なく深い仲を築ける相手に出会ったら、そのご縁を大切になさってくださいね。

関連記事

  • ヨーロッパ流の球根の植え方って?春に向けた花の楽しみ方

    展示会巡りが一旦落ち着いてきて、家でのほのぼのとした時間も過ごせるようになってきた2月。 ふと、ヨーロッパでよく見る球根の寄せ植えをしてみたくなりました。 そこ…

  • ドラマあふれる横浜の博物館船「氷川丸」

    私が尊敬してやまないのが、カナダで出会った日本人女性の清水ナオミさん。 今年で86歳になる彼女は私のカナダの母であり、今日ここまで、ずっとすっと心の友でもありま…

  • 日本と全然違う!海外のプレゼント事情

    日本では、プレゼントはデパートやセレクトショップで購入し、それを綺麗にラッピングしてもらってから相手に渡すもの。 しかし多くの国々では、自分でラッピングペーパー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。