大人になると少なくなってしまう、大切なある時間

2018.12.16 Sun

父が亡くなるまでは、『両親は常にそこにいる』という安心感がありました。
また父が杖をついて駅の近くを歩いているのを見た時に
『気がつかない間に父も随分と年をとったものだな〜』と思ったのを覚えています。

父の死後は、残された母にできるだけ声をかけました。
外に出たがらない母をランチに誘ってあげようと心に決めたのですが、なかなかお互いに時間が合わず、そう頻繁には連れ出せないことに後ろめたさを感じています。

妹二人も仕事が忙しく「母と4人で温泉旅行に行こう」という話が出てからもう既に1年半も経ってしまいました。

そんな私達4人がやっと一堂に介して写真に収まることができたのが、甥っ子の結婚式。

前列は真ん中の妹、恵子さんと母。
後列は下の妹、教江さんと私。

嬉しそうな母を囲んでのひと時は、何物にも変えがたいとつくづく思いました。
来週はクリスマスです。ぜひみなさんも、家族との時間を大切にしてくださいね。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。