親心で自分もうれしくなる募金『チャイルドスポンサー』

2018.12.06 Thu

みなさんは、募金した経験はありますか?
会社が軌道に乗り生活に多少の余裕が生まれてから、国境なき医師団や赤十字、そしてユニセフなどにできる範囲で献金してきました。

ある時、ワールドビジョンという国際NGOの活動について知り、その活動に感銘を受け、チャイルドスポンサーになりました。
ワールドビジョンは1950年にアメリカのオレゴン州で設立され、宗教、人種、民族、性別に関わらずすべての子供達が健やかに成長できるよう、現在約100カ国で活動をしています。
ワールドビジョン・ジャパンは1987年設立です。
内戦中のカンボジアへの支援や、湾岸戦争による被災者支援、ルワンダ内戦後の緊急人道支援、そして近年では熊本地震時の緊急支援など実施しています。

私自身は当初10人の子供の『チャイルドスポンサー』としてしました。
そのうち一人の帰属する地域はすでに援助を必要としないレベルにまで発展したため、現在は9名の子供のスポンサーをしています。

毎年一回、自分がサポートしている子供の成長記録が送られてきます。
当初よりずっとお姉さん、お兄さんになっている姿を見ると、とてもうれしくなります。

みなさんも、もしほんの少しでも余裕があったら、そして下記のワールドビジョンのコンセプトに賛同していただけたら、ぜひ一度この活動に協力していただきたいです。

私たちのビジョンは、すべての子どもに豊かないのちを
私たちの祈りは、すべての人の心にこのビジョンを実現する意志を
Our Vision for every child, life in all its fullness
Our prayer for every heart, the will to make it so

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。