人の心を動かすお便り

2018.12.01 Sat

今年の秋、素敵な素敵なお手紙をいただきました。
あまりに素敵で、とても封に戻せず、机の上に広げてあります。

一緒にアフリカに旅行した新貝さんが描いてくださったものです。
秋にぴったりな栗の木の絵が綺麗に描かれた和紙にしたためられています。

昨年の秋には、笑い絵文字をワークショップで学び、その笑い絵文字で年賀状をすべて手書きにした私。
新貝さんのような素敵な絵が描けたら・・・・なんて、密かに想いを馳せました。

そろそろ年賀状の季節。
心を込めた手描きの手紙を書くのも楽しいものです。

関連記事

  • デンマークのいつもと違う夏

    「今までデンマークには累計で何回来たのだろう?」 ふとデンマークのアマリエンボー城の横を通りながら思いました。 いつもは寒い時期の1月とか2月頃デンマークを訪れ…

  • 心やすらぐヒュッゲなひとときに耳を澄ませて

    人間には臭覚、聴覚、視覚などから引き起こされる様々な記憶とそれにまつわる思い出、感情があると思います。 カナダに住んでいた時、夏の夕方になると芝刈り機をかけてい…

  • お盆休みを満喫する小さなヒント

    暑中お見舞い申し上げます! 暑い毎日ですね。 私の朝は我が家の新入り、エイスくん(黒のラブラドール・11ヶ月)の鳴き声で始まります。 早い時は4時過ぎ、遅くても…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。