人の心を動かすお便り

2018.12.01 Sat
季節 年賀状 手紙

今年の秋、素敵な素敵なお手紙をいただきました。
あまりに素敵で、とても封に戻せず、机の上に広げてあります。

一緒にアフリカに旅行した新貝さんが描いてくださったものです。
秋にぴったりな栗の木の絵が綺麗に描かれた和紙にしたためられています。

昨年の秋には、笑い絵文字をワークショップで学び、その笑い絵文字で年賀状をすべて手書きにした私。
新貝さんのような素敵な絵が描けたら・・・・なんて、密かに想いを馳せました。

そろそろ年賀状の季節。
心を込めた手描きの手紙を書くのも楽しいものです。

関連記事

  • ヨーロッパ流の球根の植え方って?春に向けた花の楽しみ方

    展示会巡りが一旦落ち着いてきて、家でのほのぼのとした時間も過ごせるようになってきた2月。 ふと、ヨーロッパでよく見る球根の寄せ植えをしてみたくなりました。 そこ…

  • ドラマあふれる横浜の博物館船「氷川丸」

    私が尊敬してやまないのが、カナダで出会った日本人女性の清水ナオミさん。 今年で86歳になる彼女は私のカナダの母であり、今日ここまで、ずっとすっと心の友でもありま…

  • 日本と全然違う!海外のプレゼント事情

    日本では、プレゼントはデパートやセレクトショップで購入し、それを綺麗にラッピングしてもらってから相手に渡すもの。 しかし多くの国々では、自分でラッピングペーパー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。