人の心を動かすお便り

2018.12.01 Sat

今年の秋、素敵な素敵なお手紙をいただきました。
あまりに素敵で、とても封に戻せず、机の上に広げてあります。

一緒にアフリカに旅行した新貝さんが描いてくださったものです。
秋にぴったりな栗の木の絵が綺麗に描かれた和紙にしたためられています。

昨年の秋には、笑い絵文字をワークショップで学び、その笑い絵文字で年賀状をすべて手書きにした私。
新貝さんのような素敵な絵が描けたら・・・・なんて、密かに想いを馳せました。

そろそろ年賀状の季節。
心を込めた手描きの手紙を書くのも楽しいものです。

関連記事

  • 海外で一番スリリングで楽しかった場所

    海外に行けない日が続くと、よく「あそこに行けたらな〜。あそこもよかったな〜。またいきたいな〜」と過去に行った場所を思い出します。 特にスリリングで楽しかった思い…

  • アゲハチョウが持っている意外なメッセージ

    蝶は死と再生の象徴だと言われ、世界各地で蝶はスピリチュアルな存在として愛されています。 日本では平家が蝶、特にアゲハチョウを愛し、家紋にしていました。 先日熊本…

  • 最高にフレンドリーで楽しい国「台湾」

    色々な国に行きましたが、近場で楽しい国と言ったら台湾です。 親日家が多く、日本語を話せる人が多いので、タクシーの運転手さんと楽しく会話ができたり、漢字表記で看板…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。