20歳若返る台湾の「変身写真」

2018.11.23 Fri

台湾に行ったことのある方はよくご存知かと思いますが、台湾では変身写真がとても人気です。
今まで仕事で3回、プライベートで1回台湾に行ったことがありますが、プライベートの旅行は娘と一緒で、娘の希望で変身写真を撮りに行きました。

その写真撮影の前日に、台湾ではおなじみの足裏マッサージに行って、担当のおばさまと翌日予定されている変身写真について話をした時に、
「台湾の変身写真はすごいよ!だいたい20歳は若く見えるように仕上がるよ!」
と誇らしげに言いました。
すると娘の足裏マッサージをしていた隣のおばさまが、
「私なんてね、58だけど、まあ、28歳で十分いけるくらいの出来栄えになるから、楽しいよ!」
と言っていて、一体どんな仕上がりになるのだろうとワクワクしました。

行ってびっくりしたのが、衣装の豊富さ。
チャイナドレスから、着物、ウエディングドレス、ヨーロッパの昔のドレスなど、その種類は多岐にわたっていました。

私たちが衣装選びをしている時に、台湾人の4人家族がまるで『日本昔ばなし』のような着物姿になって、日本の民家の軒先らしいシチュエーションで楽しそうに写真を撮っているのを見ました。
台湾人は親日家が多いので納得ですが、
「それでも同じ着物を着るのなら、脛を出した着物ではなくて、ちゃんとした和服の方が良いのでは???」
と不思議に思ったものです。

衣装は2種類。チャイナドレスと、ロングの素敵なドレスを選びました。
サイズが合うかとても心配だったのですが、衣装担当者が大きな洗濯ばさみの入ったかごを私に見せて「大丈夫、これで止めるから」と。

そしてメークでは生まれて初めてのつけまつげ。
1時間たっぷりかけて、綺麗にしてもらいました。

まずはチャイナドレス。

 


そしてこちらは後ろ姿を絶対に見せられないロングドレス姿の私。
(後ろにはたくさんの洗濯バサミが。。。)

廊下で変身した娘とすれ違ったのですが、お互いにすぐには気づかなかったくらいの変身ぶりでした。
とってもおもしろい体験だったので、台湾旅行に行く方はおすすめです!

関連記事

  • 普通であることがどれほど幸せなことか

    2週間前、いつもお世話になっている大先輩のお誕生日を祝うランチ会を、都内のホテルで開催しました。 コロナウイルスで様々な打ち合わせや会合がキャンセルになり始めて…

  • 人生が変わる「バケットリスト」とは

    バケットリストとは、死ぬまでにやっておきたいことリストのこと。 ハリウッド映画にも「バケットリスト」というものがあり、近年では日本映画でもリメイクがされています…

  • ナポレオンが宿泊したドイツの名所がすばらしかった話

    ジェトロの輸入専門家だった時から何十回もドイツに来ていますが、ほとんど空港、ホテル、展示会場の行き来で終わります。 ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。