海外旅行で一度は乗りたいおすすめの航空会社3選

2018.11.21 Wed

仕事柄、色々な航空会社の飛行機に乗ってきましたが、どの航空会社にも独自の売りがあります。

今まではスターアライアンス系列の航空会社で予約を取ることが多かったのですが、ツアー会社が企画する面白いツアー旅行に参加する際は今まで乗ったことのない航空会社を利用するようになりました。

スカンジナビア航空は、とってもアットホームな演出をすることで有名です。
食事を提供する際にキャビンアテンダントの何人かが白いコック服に着替えて、わざわざメイン料理を大皿から取り分けてくれます。
これは考えれば、ヒュッゲの精神からなのかもしれません。
全てお皿に乗せられてサービングされるより、大皿から好みのメイン料理を取り分けて好きな野菜を添えてもらう方が、カスタマイズされていて素敵です。

またニュージーランド航空のビジネスクラスでは、お食事後にキャビンアテンダントと乗客が一斉にベットメーキングをして、あっという間に寝てしまいます。
ここまで一斉に寝る準備を始めるのは珍しいです。

先日、私が乗ったカタール航空はファイブスター・エアラインの認定を受けており、「一度は乗ってみたいエアライン」と評判が高い航空会社です。
特にビジネスクラスの評判が良く、今回は日本からドーハへ、そしてドーハからナイロビまでカタール航空を利用しました。

カタール航空、新ビジネスクラスにダブルベッド投入、家族4人で共有できるスイートも【画像】

カタール航空のビジネスクラスでは、着心地も肌触りも良いパジャマとスリッパが提供されます。
飛行機が飛び立つ前に、顧客のサイズに合わせて配られるので、早ければ飛行機が飛び立つ前にトイレで着替えを終わらせ、最初からリラックスした状態でフライトを楽しめるのです。

行きに一着、帰りに一着いただいてきましたが、とても快適な空の旅ができました。
カタール空港は是非一度乗っていただきたい航空会社です。

関連記事

  • ホームパーティーのうれしい効能

    たまに会社のスタッフと一緒に自宅でパーティーをすることがあります。 先日は女子会をしました。 なかなか仕事のこと以外では話さない人も多いので、こういう機会を大切…

  • 大人になってからもらったうれしいお年玉

    お年玉の習慣は日本独特のものだと思います。 子供の頃、お正月は本当に嬉しい日でした。 ご挨拶にくる親戚のおじさんやおばさん、それにおじいちゃんやおばあちゃんから…

  • 北欧のエッセンスが詰まった「毎日つけたくなる」家計簿

    現在発売されている雑誌『ESSE』2020年新年特大号の家計簿は、なんと北欧風! デザインは、スウエーデンの人気のアーティスト、リサ・ラーソンさん。 私も「北欧…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。