忘れられない「最高の夕食」

2018.10.31 Wed
ハムエッグ レストラン 夕食 家族 幸せ 思い出

私が小さかった頃、毎月25日は特別な日でした。
父がお給料をもらってくる『お給料日』だったのです。
当時は銀行振込ではなく現金支給だったので、家族、特に主婦にとって特別な日です。

当時は祖父母と同居をしていましたが、25日は若い夫婦が子どもと一緒に食事に出かける日とされていて、祖父母は食事には来ませんでした。
ですから母もいつもより自由で、嬉しそうにしていた記憶にあります。
まだ4歳、5歳だった私も妹も、25日はとっても豪華な体験ができました。
と言っても、高級なレストランに行くわけではなく、デパート内のレストランで食事していたような気がします。

私は小さな頃偏食で、食べられるものがあまりありませんでした。
そんな私にとって、二つの卵を三角形に切ったハムと一緒に半熟に仕上げたハム&エッグは唯一おいしいと思えた一品です。
そしてハム&エッグの後のソフトクリームほど美味しいものはないと思っていました。

今思い返しても、あのハム&エッグは最高の味で、食後のソフトクリームの特別感も格別。
懐かしく、心温まる特別な思い出です。

関連記事

  • 忘れられない「最高の夕食」

    私が小さかった頃、毎月25日は特別な日でした。 父がお給料をもらってくる『お給料日』だったのです。 当時は銀行振込ではなく現金支給だったので、家族、特に主婦にと…

  • シーツで作る“おうち映画館”

    ヒュッゲな暮らしには、友人や家族との楽しい時間の過ごし方がたくさんあります。 今日はそんなヒュッゲな過ごし方をひとつご紹介します。 私たちの日常生活は携帯電話に…

  • 愛犬パブロとの心癒されるヒュッゲタイム

    私の愛犬ラブラドールのパブロは体重28キロの立派な雄犬です。 パブロは今年で11歳。 大型犬としては、寿命にかなり近くなっていますが、トレーナーさんは、まだ足腰…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。