忘れられない「最高の夕食」

2018.10.31 Wed

私が小さかった頃、毎月25日は特別な日でした。
父がお給料をもらってくる『お給料日』だったのです。
当時は銀行振込ではなく現金支給だったので、家族、特に主婦にとって特別な日です。

当時は祖父母と同居をしていましたが、25日は若い夫婦が子どもと一緒に食事に出かける日とされていて、祖父母は食事には来ませんでした。
ですから母もいつもより自由で、嬉しそうにしていた記憶にあります。
まだ4歳、5歳だった私も妹も、25日はとっても豪華な体験ができました。
と言っても、高級なレストランに行くわけではなく、デパート内のレストランで食事していたような気がします。

私は小さな頃偏食で、食べられるものがあまりありませんでした。
そんな私にとって、二つの卵を三角形に切ったハムと一緒に半熟に仕上げたハム&エッグは唯一おいしいと思えた一品です。
そしてハム&エッグの後のソフトクリームほど美味しいものはないと思っていました。

今思い返しても、あのハム&エッグは最高の味で、食後のソフトクリームの特別感も格別。
懐かしく、心温まる特別な思い出です。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。