今でも忘れられない3D帆船の凧

2018.08.08 Wed
凧 家族 思い出

台風上陸で天気が心配な今日は到底できませんが、
青空が美しく、風のやや強い日は、凧揚げに最適の日です。

と言っても、私自身が凧揚げをしたのは、まだ子供達が小さかった頃のこと。
お正月休みに公園へ行き、日本風の凧をあげました。
子どもたちはそう簡単に上げられませんでしたが、凧を2~30メートルもの高さに上げている男性がいて、子どもたちはその手元を羨ましそうに見ていました。

私が一番すごいな〜と思った凧は、バリ島の海岸で売られていた3D帆船の凧です。
全長が40〜50cmくらいの帆船型の凧が、優雅に風に舞うのです。
見ているだけでも美しく、青空にたなびいている様子は、まるで海の上に帆船が浮かんでいるようでした。
「荷物になるから」と購入しませんでしたが、買っておけばよかったな〜と後悔しています。
みなさんも、心からすてきだと感じたものはなるべく手に入れてくださいね。

関連記事

  • 北海道一位の絶景に感動

    海外を歩き回っている私ですが、日本国内を回り始めたのはつい数年前のことです。 北海道もその一つで、仕事の関係で何度か函館を訪問したことはありますが、それ以外だと…

  • ドイツで別世界を体験できるホテル「GUT KUMP」

    1月から4月までの間に3回もドイツへ出張しました。 いつもは展示会場とホテルを往復してばかりですが、今回はドイツ国内をかなりの距離移動してメーカー訪問する旅でし…

  • ヨーロッパ流の球根の植え方って?春に向けた花の楽しみ方

    展示会巡りが一旦落ち着いてきて、家でのほのぼのとした時間も過ごせるようになってきた2月。 ふと、ヨーロッパでよく見る球根の寄せ植えをしてみたくなりました。 そこ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。