今でも忘れられない3D帆船の凧

2018.08.08 Wed
凧 家族 思い出

台風上陸で天気が心配な今日は到底できませんが、
青空が美しく、風のやや強い日は、凧揚げに最適の日です。

と言っても、私自身が凧揚げをしたのは、まだ子供達が小さかった頃のこと。
お正月休みに公園へ行き、日本風の凧をあげました。
子どもたちはそう簡単に上げられませんでしたが、凧を2~30メートルもの高さに上げている男性がいて、子どもたちはその手元を羨ましそうに見ていました。

私が一番すごいな〜と思った凧は、バリ島の海岸で売られていた3D帆船の凧です。
全長が40〜50cmくらいの帆船型の凧が、優雅に風に舞うのです。
見ているだけでも美しく、青空にたなびいている様子は、まるで海の上に帆船が浮かんでいるようでした。
「荷物になるから」と購入しませんでしたが、買っておけばよかったな〜と後悔しています。
みなさんも、心からすてきだと感じたものはなるべく手に入れてくださいね。

関連記事

  • 今でも忘れられない3D帆船の凧

    台風上陸で天気が心配な今日は到底できませんが、 青空が美しく、風のやや強い日は、凧揚げに最適の日です。 と言っても、私自身が凧揚げをしたのは、まだ子供達が小さか…

  • 花火大会は忘れられない夏の一コマ

    暑くて暑くて仕方がない夏、花火の季節がやってきました。 私の中で一番印象深く残っている花火は、長男を妊娠している時に見た斑尾高原の花火です。 当時はペンションが…

  • クラシック音楽の効能とは

    私は色々なジャンルの音楽が好きですが、特にクラシック音楽が好きです。 昔一緒にお仕事をしていたオランダの会社の社長さんは、クラシック界最大のベストヒット曲「四季…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。