子どもが自立した時は親の人生が変わる時

2018.07.25 Wed

子供達が小さかった頃、たくさんの理想や夢を掲げて
『将来こんな家庭にしたい!』
と努力していました。
限られたお金と時間の中で奮闘していたのですが、楽しかった思い出がたくさんあります。

お金のなかった時代でしたから、ネガティブな記憶が多くてもおかしくありませんが、いろいろな工夫をして、おもしろくて楽しいことをたくさんしてきたのだと思います。
そんな記憶があることは幸せです。

でも少し前に、自分が『理想の家庭』を子どもたちと作れる期間は、子供達がそれぞれの家庭を持つまでだと気づきました。

こんな感じの家が欲しい。
こんな家具があったらいい。
こんな感じでみんなで集まれたら。

こうした理想は、子供達それぞれが家庭を持ち、パートナーができると少しずつ変化していきます。
彼らは彼らで自分たちの理想に向かってライフスタイルを築いていくからです。

私自身、常に子供のため、夫のため、社員のため、会社のためと、頑張ってきたのですが、もう彼らは私がいなくても自分自身で生きていけます。
ここから先は、私は自分自身のために生きていくことにしようと心に決めました。

旅行は私の人生のエッセンスです。
今年もアフリカに行きますが、来年はデンマークの友人とヨーロッパをあちこち旅行しようと思っています。
昔の友達に会いに行く旅行も良いかもしれません。
そう思うと、今までとは違ったワクワクに満たされます。

関連記事

  • 12年暮らしてきたパブロくんとのお別れ

    12年と4ヶ月一緒に暮らしてきたパブロ君(ラブラドールレトリバーのオス)が、25日のお昼に亡くなりました。 パブロ君の体調に異変があったのは、昨年の暮ぐらいから…

  • 不安な気持ちを和らげるヒュッゲな時間の過ごし方

    コロナウイルスの影響でなかなか外に行く機会もなく、家で憂鬱なニュースばかりを聞いている母を連れ出そうと、久しぶりに母と娘と私の3人でドライブに行きました。 ゆっ…

  • 私のワンコ物語

    以前飼っていたワンコは、ゴールデンリトリバーのカプチーノという女の子でした。 3人の子供たちのお年玉で購入したワンコで、長女が中学校へ通う通学路にあった、ブリー…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。