愛しい犬の寿命について思うこと

2018.07.04 Wed
ペット 家族 犬

私の伴侶でもあるパブロは、かけがえのないコンパニオンドッグ。
コンパニオンドッグとは家族同様に大切な犬のことです。
パブロはイエローのラブラドールで、11歳の男の子。体重は27キロもあります。

ある番組で、盲導犬にするラブラドールは1歳まで自由に育てると聞き、本当に自由に育てました。
ところがパブロは普通のラブラドールとは違い、日本向けに小さく改良されていません。
しかもありのままの姿でいてほしいと思い、去勢をしませんでした。

そうなると、オスのラブラドールですから、かなり力があります。
ある日の散歩で危機感を覚えた私は、犬のトレーナーを探し、パブロを預けることにしました。
それをきっかけに、パブロには警察犬の才能があることがわかり、今でも週に2回はトレーニングに通っています。

パブロも今では11歳。
大型犬の寿命は11歳から13歳くらいです。
以前飼っていたゴールデンの女の子も12歳で亡くなりました。

愛しいパブロが私の生活からいなくなったら、ペットロスになるでしょう。
そこでブリーダーさんに子犬の相談をして、パブロの精子を供給しました。
そのブリーダーさんから、先日、黒のラブラドールの女の子をもらってはどうかと聞かれたのですが、いざその話になると慎重になり、すぐに決断できませんでした。

パブロには、とにかく長生きをしてもらいたい。
できるだけ長く私のコンパニオンでいてほしい。
そう思う今日この頃です。

みなさんのご家族にコンパニオンドッグがいるなら、ぜひ毎日を楽しみ、日々を大切になさってくださいね。

関連記事

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。