代官山の小川軒で少し変わったお誕生会を開催

2018.05.02 Wed

いつもいつも率先して楽しい会を主催してくださる真紀子先輩。
その真紀子先輩が、数え年で言う所の喜寿(77歳)のお誕生日を迎えました。

誕生会の日にちを決め、場所も代官山の小川軒と決めた後、真紀子先輩からお電話が。
「喜寿のお祝いの時には、みなさんにご馳走するのが良いということなので、私がご馳走させていただきます」
「え?お誕生日を迎えるその人がご馳走?」

色々な方に聞いても、ネットを調べても「誕生日を迎える本人がご馳走するのが良い」という話は一つも出ていません。
でも真紀子先輩のたっての願いです。
皆さんと相談して、先輩には共通のプレゼントとしてプリザーブドフラワーを、そして個々にプレゼントを差し上げることにしました。

大切なバースデープレートは、内緒で小川軒のシェフにお願いしておきました。
そして先輩への特別なプレゼントは友人のせっちゃんと二人でベルギーのアンティークのクリスタルグラス4客セットと、ドイツの腕時計を。

真紀子先輩は、大喜びでした。
サプライズ、大成功!
こちらからもお祝いの気持ちを伝えられて、ほっとしました。

関連記事

  • 普通であることがどれほど幸せなことか

    2週間前、いつもお世話になっている大先輩のお誕生日を祝うランチ会を、都内のホテルで開催しました。 コロナウイルスで様々な打ち合わせや会合がキャンセルになり始めて…

  • 人生が変わる「バケットリスト」とは

    バケットリストとは、死ぬまでにやっておきたいことリストのこと。 ハリウッド映画にも「バケットリスト」というものがあり、近年では日本映画でもリメイクがされています…

  • ナポレオンが宿泊したドイツの名所がすばらしかった話

    ジェトロの輸入専門家だった時から何十回もドイツに来ていますが、ほとんど空港、ホテル、展示会場の行き来で終わります。 ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。