うちの末っ子、ラブラドールのパブロくん

2018.03.24 Sat

うちのラブラドールのパブロくんは、年始に戌年の特集に取りあげられ、新聞に大きくデビューしました。

パブロくんの本当の名前はジュピターです。
パブロくんはホワイトバルーンというブリーダーハウスの出身。
私がゴールデンレトリバーのカプチーノを失ってペットロス状態だった時に、娘が勧めてくれたブリーダーさんの元で生まれました。

パブロくんは普通のラブラドールとは異なり、日本サイズに改良されていない、アメリカ式のラブラドールです。
骨太で大きく、とにかく自由奔放で、体重はゆうに38キロもあります。

たまたまですが、パブロくんは臭覚が非常に優れているため、警察犬の競技会ではとても素晴らしい成績を残しています。
が、私にとってはかわいいペットのパブロくん。

うちにもらわれてきてから、一度もチェーンに繋いだことがありません。
パブロくんは家にいる間、自由に庭の中を歩き回り、夜になると家の中に入ります。
そして私たちと一緒に生活をします。

パブロくんの偉いところは、絶対に粗相をしないことです。
家に上がる時には、ちゃんと足を綺麗にして、それから家に上がります。
ご飯を食べると居間でゴロン。
私がお風呂に入ると、当たり前のようにお風呂に入ってきます。
体が大きくて、とてもお風呂に入れることはできませんが、暖かいお湯で絞ったタオルで彼の顔をふき、耳の中を綺麗にしてあげると、至福のため息をして、自分のベッドにゴロン。
朝になるまで、大きないびきをかいて、快眠。

パブロくんは、週に二回ドッグトレーニングの学校にトレーニングのために出かけて行きます。
トレーニングスクールの先生がスクールバスでパブロくんを迎えに来てくれ、私は連絡帳で、先生とやりとりをします。

その様子を見て、娘も息子も口を揃えてこう言います。
「ねえ、お母さん、私たちよりパブロにお金を使っているんじゃない?」

はい、実はそうなんです。
パブロくん、うちの末っ子状態。
可愛くて、可愛くて。。。。。大好きです。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。