海外の空港で必ずチェックするべきものとは

2018.02.24 Sat
サイン板 ジンバブエ スキポール ハブ空港 フランクフルト ボツワナ 便利 空港 航空運賃 近代的

私は仕事柄、いろいろな空港を利用します。

ヨーロッパで一番多く使う空港は多分ドイツのフランクフルト空港です。
航空運賃を安く抑えたい時には、オランダのスキポール空港やデンマークのコペンハーゲンの空港を利用します。

北米での生活が長かったので、アメリカの空港だとニューヨーク、シカゴ、デンバー、ミニアポリス、シアトル、クリーブランドなどを多く利用しました。

また、ハブ空港として便利なのがシンガポールのチャンギ空港。ショッピングエリアも充実していて、綺麗な空港です。モルジブにダイビングに行く時には必ずここで乗り換えをしました。

変わった空港といえば、アフリカのジンバブエの空港やボツワナの空港も利用したことがあります。
意外にも近代的で美しく、整備された空港だったので驚きました。

ただ、どの空港でもサイン板さえきちんと見ていれば大丈夫。
ほとんど迷うことなく空港内の目的の場所にたどり着けるので、素晴らしいと思います。

以前ラジオで、女性用、男性用のトイレのマークなどを考え出したのが日本であったという話を聞いたことがあります。
確か群馬県の公共建物がその始まりだったと記憶しています。

世界の様々な空港の基本的なグローバルルールを一体誰が企画しているのでしょう?
リサーチして見たいと思う今日この頃です。

関連記事

  • 今でも忘れられない3D帆船の凧

    台風上陸で天気が心配な今日は到底できませんが、 青空が美しく、風のやや強い日は、凧揚げに最適の日です。 と言っても、私自身が凧揚げをしたのは、まだ子供達が小さか…

  • 花火大会は忘れられない夏の一コマ

    暑くて暑くて仕方がない夏、花火の季節がやってきました。 私の中で一番印象深く残っている花火は、長男を妊娠している時に見た斑尾高原の花火です。 当時はペンションが…

  • クラシック音楽の効能とは

    私は色々なジャンルの音楽が好きですが、特にクラシック音楽が好きです。 昔一緒にお仕事をしていたオランダの会社の社長さんは、クラシック界最大のベストヒット曲「四季…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。