【海外旅行する方へ】時差ボケを解消する3つの方法

2018.02.21 Wed

飛行機にたくさん乗る私は、よく時差ボケに悩まされます。
そこで、その経験から生み出した“時差ボケ解消方法”を3つご紹介します。


【1】太陽のサイクルに合わせる
太陽の沈む方向に旅をする方が、太陽の昇る方向に旅するよりは楽だという話は本当だと思います。
例えばヨーロッパは日本から見て西、日が沈む方向です。
その場合、できる限り眠気に負けないようにして23時ごろに眠ると、次の日の朝には快適に目が覚め、さほど時差ボケを感じません。

【2】機内ではアルコールを避け、水をたっぷり摂る
時差ボケの大きな原因は、脱水だと聞いたことがあります。
飛行機に乗ったら、とにかく普通以上に水分を取りなさいと言われましたので、トイレに行きやすい席を常に確保して、水分補給をこまめにします。

普段私はワインが好きで、家に帰ると赤ワインをいただくのが習慣。
しかし飛行機に乗る時には、アルコールは飲まないようにしています。
夜の時間帯であれば、睡眠導入剤を飲んで、そのまま眠ってしまいます。
ノンアルコールでフライトすれば、とても体が楽なことに気づきました。

【3】行く前に時計を現地時間に合わせる
私は飛行機に乗ったら、自分の時計を行く先の現地時間に合わせてしまいます。
よく「今日本はちょうど〜時だから」と日本時間を口にする人がいますが
「日本時間のことは私の前では言わないでくださいね」
とお願いします。
いつまでも日本時間を考えていると、時差ボケを引きずってしまうのです。

仕事で出張するにしても、プライベートで海外に行くにしても、現地ではできるだけ心地よく快適に過ごしたいもの。
時差ボケに悩まされない方が間違いなく快適なので、海外に行く時はぜひお試しください。

関連記事

  • 私が尊敬して止まない人

    私が尊敬して止まない人、それは清水ナオミさん。 彼女の名前をとって、長女には直巳という名前をつけたくらいです。 カナダのブリティッシュコロンビア州、ヴァンクーヴ…

  • ホームパーティーのうれしい効能

    たまに会社のスタッフと一緒に自宅でパーティーをすることがあります。 先日は女子会をしました。 なかなか仕事のこと以外では話さない人も多いので、こういう機会を大切…

  • 大人になってからもらったうれしいお年玉

    お年玉の習慣は日本独特のものだと思います。 子供の頃、お正月は本当に嬉しい日でした。 ご挨拶にくる親戚のおじさんやおばさん、それにおじいちゃんやおばあちゃんから…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。