【海外旅行する方へ】時差ボケを解消する3つの方法

2018.02.21 Wed

飛行機にたくさん乗る私は、よく時差ボケに悩まされます。
そこで、その経験から生み出した“時差ボケ解消方法”を3つご紹介します。


【1】太陽のサイクルに合わせる
太陽の沈む方向に旅をする方が、太陽の昇る方向に旅するよりは楽だという話は本当だと思います。
例えばヨーロッパは日本から見て西、日が沈む方向です。
その場合、できる限り眠気に負けないようにして23時ごろに眠ると、次の日の朝には快適に目が覚め、さほど時差ボケを感じません。

【2】機内ではアルコールを避け、水をたっぷり摂る
時差ボケの大きな原因は、脱水だと聞いたことがあります。
飛行機に乗ったら、とにかく普通以上に水分を取りなさいと言われましたので、トイレに行きやすい席を常に確保して、水分補給をこまめにします。

普段私はワインが好きで、家に帰ると赤ワインをいただくのが習慣。
しかし飛行機に乗る時には、アルコールは飲まないようにしています。
夜の時間帯であれば、睡眠導入剤を飲んで、そのまま眠ってしまいます。
ノンアルコールでフライトすれば、とても体が楽なことに気づきました。

【3】行く前に時計を現地時間に合わせる
私は飛行機に乗ったら、自分の時計を行く先の現地時間に合わせてしまいます。
よく「今日本はちょうど〜時だから」と日本時間を口にする人がいますが
「日本時間のことは私の前では言わないでくださいね」
とお願いします。
いつまでも日本時間を考えていると、時差ボケを引きずってしまうのです。

仕事で出張するにしても、プライベートで海外に行くにしても、現地ではできるだけ心地よく快適に過ごしたいもの。
時差ボケに悩まされない方が間違いなく快適なので、海外に行く時はぜひお試しください。

関連記事

  • 普通であることがどれほど幸せなことか

    2週間前、いつもお世話になっている大先輩のお誕生日を祝うランチ会を、都内のホテルで開催しました。 コロナウイルスで様々な打ち合わせや会合がキャンセルになり始めて…

  • 人生が変わる「バケットリスト」とは

    バケットリストとは、死ぬまでにやっておきたいことリストのこと。 ハリウッド映画にも「バケットリスト」というものがあり、近年では日本映画でもリメイクがされています…

  • ナポレオンが宿泊したドイツの名所がすばらしかった話

    ジェトロの輸入専門家だった時から何十回もドイツに来ていますが、ほとんど空港、ホテル、展示会場の行き来で終わります。 ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。