2017年の振り返りと2018年の願い

2018.01.03 Wed

私はワインをいただくと、そのワインが作られた年を見て
「どんな年だっただろう?」
と思い起こすことが多々あります。

ワイン通の人は
「この年は、雨が少なくてとても赤ワインが濃厚で美味しくできた」
など、ワインの出来具合と天候などを考えるのでしょうが、私は自分自身の体験と年を照らし合わせます。

私の中で、心に強く残る年といえば、それぞれの子供の生まれた年、起業した年、家を建てた年、M&Aをした年など、自分自身の人生の中で大きな節目を迎えた年です。

2017年は、人生で一番大変な『嵐』のような年でした。
良いことも悪いこともあまりに急ピッチで次から次へと起こり続けたのです。
様々な雑誌に取り上げられたり、本の出版があったり、テレビでも取り上げられたり、良いこともたくさんありましたが、予想もしなかったショッキングな出来事が多くありました。

ショッキングなことも立て続けに起こると、一つ一つ深く考えてはいられません。
だから乗り越えられたのですが、素敵な出来事の喜びにも浸れませんでした。

今年の願いは『心穏やかに、幸せに満ち溢れた1年を送る』です。
みなさまの2018年も穏やかな幸せに満ち溢れますように。

関連記事

  • 家で「何もしない」をしてわかったこと

    普段からじっとしているのが苦手で、自分自身を『まぐろ族』と例えるくらい、常に何かしていないと気が済まない性格です。 カレンダーは常に3ヶ月先くらいまで色々な予定…

  • 片目だけで生活してわかったこと

    怪我をして動けなり、いろいろな気づきがありました。 犬の散歩中に転んで顔面をかなり強打したため、額はフランケンシュタインのように腫れ上がり、MRI撮影をしてくれ…

  • 松葉杖をついて痛感したこと

    今回の怪我で、生まれて初めて松葉杖、そして車椅子を体験しました。 右顔面を強く打ち、右目が腫れ上がって見えないうえに、右手も酷く打って紫色に。 整形外科ではMR…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。