2017年の振り返りと2018年の願い

2018.01.03 Wed

私はワインをいただくと、そのワインが作られた年を見て
「どんな年だっただろう?」
と思い起こすことが多々あります。

ワイン通の人は
「この年は、雨が少なくてとても赤ワインが濃厚で美味しくできた」
など、ワインの出来具合と天候などを考えるのでしょうが、私は自分自身の体験と年を照らし合わせます。

私の中で、心に強く残る年といえば、それぞれの子供の生まれた年、起業した年、家を建てた年、M&Aをした年など、自分自身の人生の中で大きな節目を迎えた年です。

2017年は、人生で一番大変な『嵐』のような年でした。
良いことも悪いこともあまりに急ピッチで次から次へと起こり続けたのです。
様々な雑誌に取り上げられたり、本の出版があったり、テレビでも取り上げられたり、良いこともたくさんありましたが、予想もしなかったショッキングな出来事が多くありました。

ショッキングなことも立て続けに起こると、一つ一つ深く考えてはいられません。
だから乗り越えられたのですが、素敵な出来事の喜びにも浸れませんでした。

今年の願いは『心穏やかに、幸せに満ち溢れた1年を送る』です。
みなさまの2018年も穏やかな幸せに満ち溢れますように。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。