ココが違う!日本と海外の年末年始

2017.12.30 Sat
人生 仕事 会社 北欧 幸せ 楽しむ 海外 素敵

日本の場合、社会人にとっての年末年始といえば、12月の28日あたりから1月の4日くらいまでを意味するかと思いますが、欧米の場合は12月31日と1月1日のみのケースが多いので、なんとなく日本人にとっては物足りません。

12月の30日になると、夕方ちょっとしたカクテルパーティーをします。
業績が良い会社であれば、大きなディナーパーティーをしてその年の仕事を終えます。
そして12月の31日は会社も休みとなり、1月1日もニューイヤーズデイとしてお休み。
しかし2日にはすぐに仕事が始まってしまうので、日本人的な旧年と新年の区切りが少なすぎる感があります。

海外の取引先の人がよく日本で年越しをすると、『紅白歌合戦』に『除夜の鐘』、そして『年越しそば』という家族だけでの年越しに、
「今までの人生で一番静かな年越しだ」
と皆口にします。

海外の場合だと、お酒を飲んでどんちゃん騒ぎ。
パーティーのはしごを楽しむ人も多くいます。
花火をあげたり、ボンファイヤーという大きな焚き火を起こしてその周りで歌ったり飲んだりすることもよくあります。
ニューヨークのようなカウントダウンをみんなで行い、新年を祝うのが一般的です。

いずれにせよ年に一度のイベントになると、自分の生まれ育った場所での時間の過ごし方が懐かしくなるものです。
みなさんも素敵な年末年始をお過ごしくださいね。

関連記事

  • ココが違う!日本と海外の年末年始

    日本の場合、社会人にとっての年末年始といえば、12月の28日あたりから1月の4日くらいまでを意味するかと思いますが、欧米の場合は12月31日と1月1日のみのケー…

  • 最高の体験ができる豪華列車「ブルートレイン」

    その昔、アガサクリスティーの小説をたくさん読んでいた私は「オリエント急行」に憧れ、いつの日か豪華列車に乗ってみたいと思っていました。 映画化されて、ロミオとジュ…

  • 忙しい時も心にゆとりを生む「ヒュッゲな時間」の作り方

    以前、アフリカから戻った直後に恐ろしいほど過密なスケジュールに追われた時がありました。 その激務をこなしてから出社した時、一緒に仕事をしている長男のお嫁さんの綾…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。