最高の体験ができる豪華列車「ブルートレイン」

2017.12.20 Wed
おもてなし アフリカ旅行 オリエント急行 オリビア・ハッセー バトラー ロミオとジュリエット 景色 立ち居振る舞い 美しい 贅沢

その昔、アガサクリスティーの小説をたくさん読んでいた私は「オリエント急行」に憧れ、いつの日か豪華列車に乗ってみたいと思っていました。
映画化されて、ロミオとジュリエットで有名なオリビア・ハッセーがスクリーンに出た時には、その想いがさらに強くなりました。

そして、ついに先日アフリカ旅行でその夢が実現したのです。
ヨハネスブルグからケープタウンまでを1日半かけて走る「ブルートレイン」。その列車の中は、美しい木肌で素晴らしい作りになっていました。

ブルートレインのスタッフはおそらくかなりのエリート。英語力もさることながら、その美しい立ち居振る舞いからマナーまで、すべてが素敵でした。

ブルートレインの室内は、2つのベッドが作れるソファーセット、トイレ、バス、シャワーがあります。
乗車してすぐに昼食を楽しみ、夜にはドレスアップしていただく夕食を満喫。
観覧席からは、美しい景色を思い切り楽しめます。
車窓の外には野生のフラミンゴが飛び立つ姿が見え、金の発掘で有名だったキンバリーという町の景色など飽きることのない風景が繰り広げられます。

アフタヌーンティーまで用意されていたのでおなかいっぱいになり、一緒にこの旅に参加している方々に、
「私たち、まるでフォアグラ用のガチョウのようですね」
と言ってしまうほどの贅沢なボリュームでした。

バトラーがそれぞれの客室につく最高のおもてなしと最高のサポートが経験できる豪華列車。
ぜひ一度は経験してもらいたい贅沢な時間でした。

関連記事

  • 暑い日も、夕涼みでヒュッゲな時間を

    このところちょっと涼しくなったり、かと思えば暑い日が続いたりと、変化の多い日が続いています。 晴れている日は、会社から戻ると、中庭デッキに置いてあるソファに座っ…

  • 今でも忘れられない3D帆船の凧

    台風上陸で天気が心配な今日は到底できませんが、 青空が美しく、風のやや強い日は、凧揚げに最適の日です。 と言っても、私自身が凧揚げをしたのは、まだ子供達が小さか…

  • 花火大会は忘れられない夏の一コマ

    暑くて暑くて仕方がない夏、花火の季節がやってきました。 私の中で一番印象深く残っている花火は、長男を妊娠している時に見た斑尾高原の花火です。 当時はペンションが…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。