私の幸せを作るクリスマスディナーのポイント

2017.12.13 Wed

だんだんとクリスマスが近づくにつれ、昔のことを思い出します。
私が子供の頃は、母がお菓子屋さんで売っているサンタクロースの靴を買って来て、枕元に置いてくれました。銀色のサンタクロースの靴はダンボールで作られていて、中にはたくさんのお菓子が入っていました。楽しみで楽しみで、12月24日の夜はなかなか眠れなかったのを覚えています。

そして私が小学校の中学年になった頃には、アイスクリームケーキが人気でした。正直あまり美味しくはないのですが、当時はアイスクリームで作られたケーキはユニークで、普段食べられない夢のケーキだったのです。
当時、アイスクリームケーキは発泡スチロールの丸い入れ物に入っていました。真っ赤なリボンのハンドルが付いたケーキボックスに、幼心を鷲掴みにされたことを思い出します。

中学生になった頃には、ケンタッキーフライドチキンがブームになり「クリスマスはフライドチキン」という時代が訪れました。小さい頃から肉が苦手でなかなか食べられなかった私は、唐揚げよりもさらに大きな骨つきの鶏肉を好きになれませんでした。

そんな私も、カナダに留学してからかなり努力して色々なものが食べられるようになりました。
毎年12月24日に作るローストターキー(七面鳥)は家族みんなが楽しみにしてくれていますし、年に一度の特別メニューなので頑張って作っています。
でも調理の時は生の鳥を目にするので、私自身は食欲が極端に失せてしまいます。
ただ、自分自身はメインのローストターキーを食べられなくても、美味しそうに食べている家族の笑顔を見て過ごせば満足です。

これが私にとって幸せなクリスマスディナーなのです。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。