プロジェクトを成功させるために必要なものとは

2017.09.27 Wed

大きなパーティーやイベントを開催するのは本当に大変なこと。

誕生日のパーティーだったり、記念日だったり、または結婚式、お葬式など、特別な人の集まりだったり……これらを主宰することはひとつのチャレンジです。

 

先日私が大きなレセプションを企画した際は、プロの方々がアシストで入ってくださいました。

通常であれば、数百万円もかかるお仕事ですが、他の案件もあったので、とても良心的な金額でアシストしてくださったのです。

 

本当に完璧なタイムスケジュール『香盤表』は初めて目にしましたし、準備する必要のある機材、把握しておくべき仕事内容、スピーチする人の立ち位置、プロジェクターのスクリーンの位置やお客様との距離まで教えていただきました。

お料理もお出ししたのですが、私自身も参加することで同じ方向を向いて作業ができて良い演出に。

そしてマスコミの方々に配布するプレスキットは圧巻!私だけでは気がつかないこともアシストしてくださり、さすがプロだと思いました。

 

完璧に時間通りに全てが進み、しかも最後までだれも中座される方がおらずびっくり!

お客様に喜んでいただくということを目標に頑張った結果、とても好評で喜んでいただくことができました。

 

お金が絡んでいようといまいと、良いプロジェクトができるかできないかは、そこに参加する人々の心意気と、トップに立っている方々の熱意にかかっています。

それを忘れてはいけないと感じました。

 

北村さん、佐藤さん、田中さん、芦沢さん、佐貫さん、康江さん、岡田さん、早苗さん、塩原さん、岸さん、石田さん、スヴェイネさん、吉田さん、あつこさん、創さん、香織さん、ジュリアンさん、若林さん、山田さん……

そのほかにも会を盛り立ててくれたみんなみんなありがとう!

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。