あなたは信じますか?幽体離脱する方法とは

2017.08.02 Wed

冷戦時代、アメリカはソ連の、そしてソ連はアメリカの極秘施設を探るための研究が真剣になされたそうです。

極秘施設には当然のことながら、スパイとして侵入しない限り入ることができません。
サテライトを使ったとしても、施設の内部を見ることもできません。
そこで、アメリカもソ連も、人物、人体を使わずに相手の施設に侵入することができないものかという研究がなされたそうです。

そして両国とも『超能力』の研究に多くのお金を投じたとも言われています。

その中でもとても有名なものとして残っているのが「ヘミシンク」。
これはロバートモンロー博士の著書にも詳しく載っていますが、「ヘミシンク」とは右脳と左脳の脳波をシンクロさせると幽体離脱ができるというもの。
エリザベス・キュプラロス博士も興味を持ち、自分自身で研究所に出向き、幽体離脱の体験をしたと記録として残っています。

現在アマゾンでもたくさんのヘミシンク関連のものが販売されていますが、その多くが、CDです。

私自身とても興味があったので、ほとんどの家族がいない日を選んで、ヘミシンクを聞くことにしました。
とても不思議な音で、ヘミシンクを用いた応用編の音楽もあるのですが、私自身には何の変化も起こりませんでした。

ところが次の日の朝、一人だけ家に残っていた次男が、
「お母さん、昨日の夜変な音楽聴いていなかった?俺さ、もう少しで自分の体に戻れなくなるところだったんだ。もうあんな変なもの聞かないでよ!」
と怒って朝起きて来ました。

驚いた私は、
「え?何があったの?」
と問いかけたところ、うつらうつらと寝入り始めた時に、下から音楽が聞こえて来て、(当時息子の部屋はリビングの真上でした)その音楽を聴いた途端に、体が起き上がってきたそう。もう少しで、お尻から下まで自分の体から離れそう!という段階になって、必死に自分の体にしがみつこうとしたというのです。

正直とても驚きましたが、それと同時に怖くなって、ヘミシンクを試すのをやめてしまいました。
でも今でも時々、ヘミシンクのことを思い出します。
そのうちまた聴いてみたいと思っています。

関連記事

  • 各国のコロナに対する反応が変わった件

    2月まで、デンマークの取引先は 「コロナは中国とかアジアの問題で、我々は大丈夫」 と全く気にしない様子でしたが、先日は 「人口の割に、ものすごく早く感染が広がっ…

  • 4月7日発売の『ミセス』取材で実感したすごさ

    先日、代々木上原のスタジオで4月7日発売の『ミセス』の取材がありました。 5月号なので「春らしい服装で」というリクエストがあり、思い切り春らしいお色でまとめてみ…

  • 意外と気がつかないストレスの兆候とは

    「体と心の関連性」については以前から興味があり、ときおり記事や書籍を読んできました。 ところが自分のことになると、勉強していても心の変化に気がつかないものです。…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。