家族連れやカップルにおすすめ!ゆったりくつろぐ年末年始の過ごし方

2016.12.20 Tue

年末年始は高速も新幹線も飛行機も混んでしまいます。
家族連れでの帰省やカップルでの海外旅行は楽しみでも、
人、人、人!
という混雑を思い浮かべると、憂鬱になってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

過ごし方は人ぞれぞれ。
年末年始を家族と実家で過ごしたり、普段会えない両親や兄弟との時間を持ったり……
せっかくのお休みなので、カップルで海外に行って過ごしたい!というのもわかります。

 

そんな中でも

「できたら人のいないところでゆっくりしたい」

という人にオススメなのが、
あえて都内で年末年始を過ごす
という案です。

私はここ数年間、年末年始を都内のホテルで過ごすようにしています。
年末年始の都内は閑散としていて、全く別の惑星に来たような気分になるから不思議です。
特に元旦の都内の雰囲気が私は好きです。
日本橋あたりも閑散としていて、普段は信号が変わるのを待って渡る横断歩道も、ジェイウォーク(jaywalk)OK!

 

空いているお店が所々にあって、そこでは昼間からワインを楽しんでいる人もいます。
歩き疲れたら、映画館でちょっと一休みしたり、ホテルでアフタヌーンティーをしたりするのも粋です。

 

そして何より、空気が澄んでいて、お天気の確率が高い元旦ならではの特権は
「都内の高い建物から、富士山が拝める」こと。

私は毎年富士山を元旦に拝みながら、どんな年にしたいか自分と向き合う時間を持つようにしています。

 

特別の時間が流れているので、年末年始は都内で過ごすのも一興です。

関連記事

  • 最高にフレンドリーで楽しい国「台湾」

    色々な国に行きましたが、近場で楽しい国と言ったら台湾です。 親日家が多く、日本語を話せる人が多いので、タクシーの運転手さんと楽しく会話ができたり、漢字表記で看板…

  • Withコロナ時代のメイクとは?

    通販の仕事をしていると、購買の変化を感じます。 コロナは化粧品業界と美容業界にとても大きな影響を与えています。 「With コロナ」の生活では、マスクは私たちの…

  • 仕事スイッチをオフにするための習慣

    毎週金曜日は『お花の日』と決めて何年も経ちました。 お花の日を設けたのは、働きすぎの自分に気づき、仕事とプライベートの線引きをしようと思ったからです。 「さあ、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。