起業して30年経った今だから言える「起業」のメリットとデメリット

2017.01.18 Wed

私が起業してから、約30年の月日が経ちました。
当事者として振り返ってみると、起業にもメリット・デメリットがあります。

ELL86_majyonokusuridana_TP_V

起業することで得られるメリットは、
You are your own boss.
この一言に尽きます。

つまりすべての選択権、決定権が自分自身にあるということ。
上司の顔色を見ながら仕事をする必要もありませんし、何かしてみたいと思えばすぐに行動に起こせます。
自由度が非常に高いというメリットは、何物にも代えがたいと思います。

逆にデメリットは何でしょうか?

自由とは、常に「責任」がセットでついてくるもの。
すべてのリスクが自分自身の肩にかかってくるということです。
単純に物理的なことだけでなく、精神的にも重圧になり得ます。

大変だったこと、逃げ出したかったこと、大泣きしたこと、顔から火が出るほど恥ずかしかったこと……
思い出せば色々なことがありました。

でもそのひとつひとつの経験が、サラリーマンだったら体験できなかったこと。
主婦として家庭に収まっていたら、遭遇しなかったことです。

中にはテレビのドラマにも負けないような劇的な出来事もあり、それらひとつひとつの経験から多くの学びを得ました。
結果として、私の起業家人生はとても豊かなものになっています。

またビジネスが上手くいけば、会社を売却することも、廃業することもできます。
全く別の人生を選択するという自由もあります。

こういったことを考えると、「起業」してよかった!と心から思える今日この頃です。

関連記事

  • 10月26日で、創業したアペックスを卒業します

    秋になると涼しくなり、ちょっと寂しい気持ちになります。 株式会社アペックスを起業してからの32年間、立派な会社に育て、そこで働く人々の幸せを願って頑張ってきまし…

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。