新幹線で見かけた広告について疑問に思ったこと

2017.01.14 Sat

PAK86_ryokouhe15093120_TP_V

新幹線の中でとある広告を見て、複雑な気持ちになりました。

そこには、とても優しそうな女性が微笑んでいる写真が。
『「転勤です」と言ったら、「はい」と笑ってくれたきみが好き。』とあります。

2016_autumn (1)

昭和の時代であれば、夫が働き手として一家を養い、妻は専業主婦として夫を支え、夫に従うのが当たり前。
「子供の転校やら引越しやらで本当は大変だけれど、頑張っている夫はもっと大変なはず」
と文句ひとつ言わず、快く夫に従うのが良妻であり、美徳とされました。

 

でも、もう夫の仕事が一生涯保証されている時代ではありません。
女性も仕事を持ち、共働きで家庭を築くようになりました。
結果婚期が以前より遅くなり、出産年齢も上がり、少子化にも歯止めがかかりません。

 

このような変化の中で、もしこの広告にあるような全面的に夫のサポートをする女性を求める男性がたくさんいたら。
恋愛に消極的な「草食系男子」に加えて恋愛に全く興味を示さない「絶食系男子」も増えている中、もし昔の強い男を求める女性がたくさんいたら。
きっと、日本の将来には暗雲が立ち込めてしまうでしょう。

 

男女とも「今は昔」の幻に恋をしたところで、そこに幸せを運ぶ青い鳥はいないのです。

 

「広告媒体は夢を語るのだから何を表現してもいい」という考えは大間違いです。
知らず知らずのうちに人の心の中に影響を与え、傷つけることもあれば希望の種を植え付けることもあるからです。

NKJ56_syanainoturikawa_TP_V

広告を出すほどお金がある企業の皆さん、そして広告代理店のコピーライターの皆さんには、是非ともこういうリスクや可能性を踏まえたうえで、日本の将来を明るく照らす広告を作っていただきたいです。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。