母の思い

2016.12.17 Sat
人生 仕事 女性 子育て

私の誕生日は11月29日です。
毎年母は私の誕生日近くになると、1万円札が入ったご祝儀袋を贈ってくれます。
いつ母がこういったことを始めたのか、よく覚えてはいませんが、少なくとも15年ほどは続いていると思います。

unnamed-1

最初は
「いつももらってばかりいて申し訳ないから、誕生日くらいおごらせて」
と言って、お祝い袋を手渡してくれました。遠慮する私に、
「私はね、小金持ちだから、使うところもないし、少しは使わせて」
と言ったり、
「たまには自分のことだけを考えて、好きなものを買いなさい」
と言ったりします。
 
最初のうちは母の言葉通り、もらった1万円にちょっとお金を足してバッグを買ったり、お財布を買ったりしていました。
 
ところが父が肺がんだと診断されたあたりから、
「もしかして、お母さんからこうしたお祝いをもらえるのは、今年が最後かもしれない。」
という気持ちが頭をもたげました。
そう思うともったいなくて、母からのお祝いを使えなくなりました。
 
今年も母からお祝い袋をいただきました。
「美味しいものでも食べてください」
という、母の独特の筆跡。
 
神棚にあげたまま使えない母からの贈り物。
これから先も使えないかもしれません。

関連記事

  • 夏の花火と忘れられない思い出

    先日は花火大会でした。 川敷のすぐそばにあるジムの屋上は見晴らしがよく、花火を目の前で鑑賞できます。 花火大会が始まる前は夕涼みがてらジムの屋上で夕食をいただき…

  • 言葉は未来を決めるもの:言霊の力を感じた友人の話

    ジェトロの輸入専門家をしている時に、私はドイツのニュールンベルグで、ニュースキャスターだった故・筑紫哲也さんの妹にあたる筑紫俊子さんのお宅にお世話になったことが…

  • あなたも持っている、両親からの遺伝子レベルのギフト

    私はごく平凡な教育者の家庭に育ちました。 親類にも教育者が多く、良い成績をとり、良い大学に行くことが最優先の父の期待に沿うことができず、いつも後ろめたい気持ちが…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。