母の思い

2016.12.17 Sat

私の誕生日は11月29日です。
毎年母は私の誕生日近くになると、1万円札が入ったご祝儀袋を贈ってくれます。
いつ母がこういったことを始めたのか、よく覚えてはいませんが、少なくとも15年ほどは続いていると思います。

unnamed-1

最初は
「いつももらってばかりいて申し訳ないから、誕生日くらいおごらせて」
と言って、お祝い袋を手渡してくれました。遠慮する私に、
「私はね、小金持ちだから、使うところもないし、少しは使わせて」
と言ったり、
「たまには自分のことだけを考えて、好きなものを買いなさい」
と言ったりします。
 
最初のうちは母の言葉通り、もらった1万円にちょっとお金を足してバッグを買ったり、お財布を買ったりしていました。
 
ところが父が肺がんだと診断されたあたりから、
「もしかして、お母さんからこうしたお祝いをもらえるのは、今年が最後かもしれない。」
という気持ちが頭をもたげました。
そう思うともったいなくて、母からのお祝いを使えなくなりました。
 
今年も母からお祝い袋をいただきました。
「美味しいものでも食べてください」
という、母の独特の筆跡。
 
神棚にあげたまま使えない母からの贈り物。
これから先も使えないかもしれません。

関連記事

  • 12年間いっしょだったパブロを失って思うこと

    先日、とてもお天気の良い日のこと。 12年間、私と一緒に過ごしてきたパブロくんのお墓を作ることにしました。 お庭の手入れをお手伝いしてくれる根岸さんにも相談した…

  • 血液型は本当に信じられるもの?

    子供を見ていると、本当に楽しくなります。 今日お話しするのは、なおみさんの3人の男の子。末っ子のイッサくんがとっても可愛らしく、みんなで『いっちゃくん』とか『い…

  • 女の子ならではのかわいい言動。ヒュッゲな休日の一幕

    男の子も可愛いけれど、女の子はおませさんで思わず微笑んでしまうシーンが多々あります。 先日、小さいながらもすでに将来の女性像が見え隠れする言動があるのです。 あ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。