海外でプレゼントするときのマナー!オススメのセルフ・ラッピング術

2016.12.10 Sat

一番喜ばれるプレゼントとは何でしょうか?
日本だと、きれいにラッピングされた、ブランド店やデパートのプレゼントかと思います。

ppo_christmaspl_tp_v

例えばMIKIMOTOとかTiffanyとか高島屋は、包装紙や紙袋でわかります。
下手にラッピングすると、家にあった余り物をプレゼントしたように思われてしまうので気をつけないといけませんよね。

しかし北米やヨーロッパでは、ラッピングサービスが一般的ではありません。
通常は商品を購入しても、お店でラッピングをしてくれることは少なく、ラッピングサービスをお願いしてかろうじてしてもらえるという具合です。
つまり、ラッピングをするのは、送り主なのです。

そこで、海外でプレゼントする際のマナーとして、ラッピングのやり方をご紹介します!

まずプレゼントを手に入れたら、次はラッピングペーパーとカードを購入しましょう。
海外はラッピングペーパーの種類が豊富!
カードの種類も多くあるので、ラッピングペーパーとカードの組み合わせを選ぶのも楽しいですね。

そしてラッピングペーパーとカードがそろったら、いよいよラッピングです。
ラッピング用の紐を綺麗にカールさせるには、カーリングリボンを使うのがおススメ。

6c6f21a8e85734557d4ae0ee0141c620_s

カーリングリボンでちょうちょ結びをしたら、カールさせたい部分にはさみの背を当てて、根元から先までグーッと引っ張り上げます。
それだけでカーリングリボンがくるくるに!
一気に見栄えが良くなりますよ♪

海外での生活が長かった私も、かなりプレゼントラッピングの練習をしました。
そのときラッピング用の紐をカールさせる方法も教えてもらったのです。

とても奇抜なラッピングをする人も多いので、ラッピングを見るのもプレゼントを受け取った時の楽しみのひとつです!

関連記事

  • 海外で一番スリリングで楽しかった場所

    海外に行けない日が続くと、よく「あそこに行けたらな〜。あそこもよかったな〜。またいきたいな〜」と過去に行った場所を思い出します。 特にスリリングで楽しかった思い…

  • アゲハチョウが持っている意外なメッセージ

    蝶は死と再生の象徴だと言われ、世界各地で蝶はスピリチュアルな存在として愛されています。 日本では平家が蝶、特にアゲハチョウを愛し、家紋にしていました。 先日熊本…

  • 最高にフレンドリーで楽しい国「台湾」

    色々な国に行きましたが、近場で楽しい国と言ったら台湾です。 親日家が多く、日本語を話せる人が多いので、タクシーの運転手さんと楽しく会話ができたり、漢字表記で看板…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。