ワインで楽しむ大人のピクニック。
準備するのは、パンとハムとスローケット

2015.10.05 Mon

冬の日照時間が短い国の人たちは、夏を思い切り外で過ごします。 その外でのアクティビティーの中で、いくつかとても楽しい記憶があります。

なかでもシアトルの友達が、せっかくバンクーバーから来たのだからということで、 シャトーサンミッシェルというワイナリーに行こうといいだした時のこと。

最初に立ち寄ったのは、デリカテッセン。 大きなサワードウブレッドを2つに、ブラックフォレストハムを沢山スライスしてもらいました。 ワイナリーツアーの後、ショップでワインを2本購入して、あとは車の中にあったスローケットを芝生に広げてピクニック。

1 (近郊にあるシャトーサンミッシェル: 緑の芝生がとても美しい)

 

サワードウブレッドを手でちぎり割って、適当な大きさに。 そこにブラックフォレストハムを挟むだけのシンプルなサンドイッチ。 噛めば噛むほど味わい深くて、これがまたワインによく合うのです。

サワードウブレッドといえばアメリカのサンフランシスコ発祥といわれますが、 発酵されているためちょっぴり酸っぱい固いパンといったところ。

unnamed (サワードウブレッド)

またブラックフォレストハムというと、ドイツの有名な生ハムの一種。 軽くスモークされていて濃厚な赤みががった黒い外皮なのに、きれいな白い脂身。 そして食べた感触はとてもやわらかく、芳醇。

2 (ブラックフォレストハム)

 

バターもチーズもマヨネーズもいらない。 しかもナイフもフォークも使わない。
美味しいものを素直に楽しむ気楽で贅沢な時間。 それこそ大人のためのピクニックだと思います。

関連記事

  • 人間関係が復活するタイミング

    このところとっても不思議な出会いがたくさんあります。 30年前にカナダから帰国したばかりの頃、私が英語を教えていた高校生・相沢くん(通称あーちゃん)が、face…

  • 日本を愛するフィンランド女性とのうれしい再会

    人の縁とは不思議なもので、ふとした拍子に切れたりつながったりするものです。 Riitta 及川さんとの出会いは25年ほど前。 「長野県にRiitta 及川さんと…

  • 数十年ぶりの再会は人生を豊かにする

    人生の中で私たちが出会う人の数は、一体どのくらいでしょうか? どのような職種についているか、どのようなライフスタイルを送っているかで全くその数は異なると思います…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。