“北欧式” 素敵なティータイムの過ごし方

2015.12.30 Wed

北欧は冬になると曇りの日が多いだけではなくて、暗くなるのが早く、午後3時くらいには日が沈んでしまいます。
朝もなかなか明るくならないので、朝食をとる時間に写真を撮ると、よく夜と間違われてしまいます。
 
そんな北欧でいつも素敵だな〜とおもうのが、紅茶やハーブティーを耐熱ガラスのポットいっぱいに作って、それをティーキャンドルで温めて、ゆっくりといただく時間。
 
ただお茶をいただくだけではなくて、ハーブティーなどは、お茶が出てお湯が程よく色ずいていく過程が楽しめます。
またティーキャンドルがゆらゆらと小さな炎を揺らしそれがポットの中まで反射します。
 
『こんなに小さなティーキャンドルが、こんなに素敵な演出をしてくれるなんて!!』と初めて見た時には、感動しました。
そして心の中がほっこり。
 
リゾートスタイル軽井沢をオープンする時に一番最初に選択したのも、デンマークのブランドmenuの
ガラスティーポットとティーポットライト。
 
 
当初コーヒーしか飲まなかった私も、今ではあえてお茶をいただきます。
時には、この雰囲気だけを楽しみたくて。
 

関連記事

  • 【お知らせ】インテリアショップ「アルトスター」サイトリニューアル

    本日9月8日(火)に、インテリアショップ「アルトスター」のサイトをリニューアルしました。 アルトスターでは、幸福感を高める心地良い空間を作れるように、世界のライ…

  • 自粛期間、私たちが大切にするべきこと

    昨年出版した『FIKA世界一幸せな北欧の休み方・働き方』(キラジェンヌ)の中でも、 「働き方を考えるのであれば、休み方について考えなければならない」 と述べさせ…

  • 庭先でのヒュッゲなひととき

    庭の手入れを時々してくださる根岸さんご夫妻がいらしたので、夕方庭を見ながらお二人と立ち話をしていました。 すると綺麗なブルーのオナガドリがジューンベリーの木に来…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。