Q18
手術をするかしないか、どう判断すればいいでしょうか?

2018.10.24 Wed

私は小さな頃股関節脱臼をしたため、成長期は股関節の痛みがひどく、体育の授業を休むことが多々ありました。
大学病院で診てもらった時
「大腿骨の頭を切って、ステンレスの頭を入れたらどうか?」
と言われました。

ただその時に、医師の打ち合わせに同席していた看護師さんが、
「私だったら、手術をしません。手術をしたら、痛みはなくなりますが、やはり歩き方に変化が見られて、ひどい場合は、かなり目立ちます」
とおっしゃいました。

それを聞いた母は、
「芳子、あんたはまだ15歳だし、これから結婚するのにちゃんと歩けないと困るから、今のままトレーニングをしてリハビリをしたほうがいいと思う」
と言いました。

実際、同じ学校の後輩がこの手術をしました。
5ヶ月ほど入院をした上、いろいろな障害が残りました。
まっすぐに普通に歩けない。
自転車にもちゃんと乗れない。
歩くときは左右に大きく揺れる。

私自身は何が良いのかはよくわからなかったのですが、15歳の中学3年生の女の子としても
「これから男性と出会った時に、見てわかるような不自然な歩き方はしたくない」
と思いました。

高校時代は、あまりの痛さに体育の授業を1年間休ませてもらいました。
そして妊娠した時には、5ヶ月くらいから痛くなり、仰向けに寝たら起き上がれないということが続きました。

このように大変な時期がありましたが、今思えば特に大きな手術をしないで今日までやってこれたことが、私にとっては良かったと感じます。

医学は日進月歩でどんどん進化をしていきます。
ですから「何が良いのか、何をするべきなのか?」は常に大きな疑問を感じます。
ただ、私は「あまり急がない方が良いことも多々あるのかな?」と思うのです。
みなさんも手術などは慎重に決めてくださいね。

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。