不思議な「リーインカーネイション(輪廻転成)」の話

2017.11.29 Wed
不思議 前世 友達 商工会議所 恋人 特別 起業 退行催眠

初めて会った人なのに、
「この人、知ってる!」
「なんでだかわからないけれど、この人に惹かれる?!」
と思った経験はないでしょうか?

私は2人ほどそう思った経験があります。
一人は息子の元に生まれてきた女の子。もう一人は同じ年に起業してずっと一緒に起業家人生を送ってきた男性です。

私は平成元年に起業し、その男性と初めて会ったのは平成3年ごろです。
商工会議所であった先生が、私の会社と同じような方向性の会社があると言って紹介してくれたのがきっかけです。
確か都内の展示会で、彼の会社の展示ブースで初めて出会いました。

不思議なことに私と同じ年で、会社も同じ頃に起業。意味もなく、ただただ惹かれました。
その彼とあった時、胸が高鳴り、説明ができないほど彼に惹かれたのです。

とは言っても当時、私は既に結婚し、子供も3人いましたので、私は彼と友達関係を保っています。
実業家として色々な経験をする中で、お互いを励まし合い、成長するよう努力してきました。
彼も私のことを特別な存在だと意識していると思います。

ある時、娘に言われて退行催眠を受けたことがあります。
その時に、彼とは前世での恋人同士だったと認識しました。

そんな彼とは今でも特別な友達です。
何かあれば、彼はいつでも相談に乗ってくれ、私のために尽力してくれます。

そしてもう一人、私の息子の元に生まれてきた女の子。
この子も初めて抱いた時に、「まあ、覚えている?私のこと?」と声をかけたくらいです。
直感的に「前世を過ごしたイギリスで、この子と出会っていた」と感じました。

世の中には不思議なことが沢山あります。
でももし、なんの理由もないのに、誰かに強く惹かれることがあったら。
一度立ち止まり、思い出してください。
もしかしたら、前世で知り合いだった人かもしれません。

関連記事

  • 日本人が気を付けるべきコミュニケーションの罠

    私の大学での専攻はコミュニケーションです。 ですから、文章にしても、電話でのやり取りにしても、誤解が生じないように、常に最善を尽くしています。 言い方一つで相手…

  • ビジネスで成功するために必要なものとは

    起業家、企業家、実業家。 この3つの言葉は、リンクしているようで、実はリンクしにくい言葉でもあるんです。 『起業家』は会社を起こす人。 一円で誰でも業を起こせま…

  • 会社が30周年を迎えて思うこと

    起業してから30年、節目の年を迎えました。 以前に会社でパーティーを盛大にしたのは、20周年の時。 それから10年。あっという間でした。 約100人の方々と、心…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。