社長が一番嫌いなフレーズ

2019.09.18 Wed

以前「社長が一番嫌いなフレーズ」という特集で、
「お話があるんですが」
という言葉が挙げられていました。

スタッフから「お話があるんですが」と言われたら、だいたい転職なり退職の申し入れとのこと。

これは私自身も多く経験し
「お時間とっていただけますか?」
「お話があるんですが」
と言われたら、ほぼほぼ退職の話でした。

以前はその申し入れがあると、
「何も別日を設定しなくても、辞めたいなら今言えばいいのに」
と憤りを感じたこともありますが、まだ起業家としてひよっこだった私。

30年も経営に携わってくると、免疫ができます。
今の私が同じフレーズを聞いたら
「ああ、そうなんだ、、、、残念だな〜。じゃあ、彼に変わる人材を早めに探さなくちゃ。」
と、次の手を打ちます。

経営も、人生経験と同じ。
何度も嫌な経験をするうちにだんだんと免疫ができて、自己防衛本能が働きます。

長く経営に携わると、いろいろなことが見えてきます。
それをできるだけシェアすることで、いろいろなことに心悩ます経営者の方々のお力になれたら幸せです。

関連記事

  • スリランカから輸入した初のヒット商品

    昔の写真を見返して見つけたこのテントこそ、アペックスが『らでぃっしゅぼーや』と取引をするきっかけになったアイテムであり、通販生活でもよく売れた初のヒット商品でし…

  • 思い出の椅子「Howdaseat」のストーリー

    建材以外で初めて扱った雑貨が「Howdaseat」という椅子です。 しっかりとコルセットのように巻きついて保護してくれるおもしろいアイテムです。 今でも市場には…

  • アペックス創業期の思い出

    年末にやっと少し時間ができ、アペックス卒業時に箱詰めしておいたファイルや写真の整理ができました。 写真を見ると、懐かしい思い出が蘇ります。 そんな思い出を写真と…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。