心地よい植物の飾り方

2017.08.23 Wed

私は以前から多くの観葉植物を家の中に飾っています。
ガジュマルやベンジャミンやファーンなどにお水をあげるのが週末の楽しみです。

ある日、気功の先生をしている友達が遊びに来た時のこと。
その友人が私にこう言いました。
「良子さん、あまり多くの植物を部屋の中に置いておくのは良くないのよ」
「どうして?」
「植物は人間のエネルギーも必要としているから、自分が弱っている時など逆効果なのよ」

こんなことは聞いたことがなかったので、驚きました。

ただ、夫がカナダに行き、1月近く家を空けた時、ふと気づくと、私たちのベッドの両脇にある2本の木のうち、私の側にある木の方が元気で青々と茂っているのに、夫の側の木は元気がなくなっていたことがあります。
全く同じお手入れをしていたのに違いが出ていたので、この時はその言葉を思い出しました。

その一方でNASAのClear Airの研究によると、室内に置いてある植物は、頭痛の原因となると言われているトリクロロエチレン、ベンゼン、ホルムアルデヒド、アンモニア、キシレンなどの有害物質を除去する力があるという結果が出ています。

こうしたことを踏まえると、大切なのは数でなくバランス。。
植物に限らずすべての物事は全てバランスが欠かせません。
あまり多く置かずに適度な量の植物を置くのであれば、心地よい暮らしが叶います。

関連記事

  • 【お知らせ】インテリアショップ「アルトスター」サイトリニューアル

    本日9月8日(火)に、インテリアショップ「アルトスター」のサイトをリニューアルしました。 アルトスターでは、幸福感を高める心地良い空間を作れるように、世界のライ…

  • 自粛期間、私たちが大切にするべきこと

    昨年出版した『FIKA世界一幸せな北欧の休み方・働き方』(キラジェンヌ)の中でも、 「働き方を考えるのであれば、休み方について考えなければならない」 と述べさせ…

  • 庭先でのヒュッゲなひととき

    庭の手入れを時々してくださる根岸さんご夫妻がいらしたので、夕方庭を見ながらお二人と立ち話をしていました。 すると綺麗なブルーのオナガドリがジューンベリーの木に来…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。